猫寝る

猫は汗をかかないって本当?体温調節はどうやっているの?

猫の体で湿っていることがあるのは、足の裏と鼻の頭だけです。猫が汗にまみれているところなど、見たことがありません。人は汗をかき、それを蒸発させることで体温を調節していますが、汗をかかない猫は、いったいどのようにして体温を調節しているのでしょうか。

暑くても暑そうに見えない猫たち

黒猫と白猫

夏の暑いさなか、私たち人間は全身に汗をかき、団扇などで扇ぎながら暑さをしのぎます。人が汗びっしょりでぐったりしている様子の映像を見るだけで、こちらも暑くなってくるほどです。しかし、飼い主さんが汗だくでヒィヒィ言っている脇で、猫たちは汗もかかずにじっと座っています。なぜ、同じ部屋にいるにもかかわらず、猫たちは汗をかかず、あまり暑そうに見えないのでしょうか?

猫と人では汗腺の仕組みが違う

猫2匹

汗は汗腺から分泌されます。しかし、汗腺にも2種類あるのをご存知でしょうか。水状の汗を分泌する汗腺は、エックリン汗腺といいます。人は、エックリン汗腺が発達しており、全身に分布しているので、全身に汗をかくことができます。馬も、人と同じように全身にエックリン汗腺が分布しているので、全身に汗をかきます。そのため、人や馬は、全身に汗をかくことで、体温調節をしているのです。しかし、猫のエックリン汗腺は、足の裏の肉球とか鼻の頭付近にしかありません。そのため、猫が体温を調節するために汗をかくことはないのです。猫が汗をかいていないからといって、暑くないわけではないのです。

では、猫はどんな時に汗をかくのでしょうか。猫は、怖い時や緊張している時に汗をかきます。そのため、猫の汗は高い場所などを歩く際の、滑り止めとして使われているのです。たしかに、人も緊張している時に汗をかきますが、それと同じですね。猫では、エックリン汗腺の代わりに、アポクリン汗腺が発達しています。アポクリン汗腺は、水状の汗ではなく、白い油状の汗を分泌します。アポクリン汗腺から分泌される汗は、体臭の元になっており、猫同士のコミュニケーションに使われていると考えられています。逆に、人のアポクリン汗腺は脇の下や足の裏などの、限られた場所にしかありません。

猫がよく靴の上でくつろいでいるのは、靴についた飼い主さんのアポクリン汗腺の匂いを楽しんでいるのかもしれませんね。いずれにしろ、猫と人では、汗の使い方が全く異なることが分かりました。では、猫はどうやって体温を調節しているのでしょうか?

汗をかかずに体温調節をする仕組み

猫仰向け

猫の体温調節の仕組みを知る前に、まずは人の体温調節の仕組みを復習しておきましょう。

人の体温調節の仕組み

暑くなると、皮膚にあるエックリン汗腺から汗が出ます。液体は、蒸発する時に気化熱といって液体が接している物から熱を奪ってそれを利用します。つまり、汗が蒸発する時に、汗が接している皮膚の熱を奪って皮膚の温度を下げ、暑さで体にこもった熱が下がる事で、体温が一定に保たれるのです。これが、人の体温調節の仕組みです。

猫の体温調節の仕組み

猫は、グルーミングをすることで全身を舐めて体温を放散します。つまり、汗をかけないので、舐めて唾液を体表につけることで、気化熱を奪われるようにして体温を下げようという訳です。当然、汗をかくのと比べると、唾液による体温の放散では効率が悪くなります。そのため、猫はとても特殊な能力を身につけました。それは、「一番快適な場所を見つける」という能力です。猫がくつろいでいる場所は、その時点における一番快適な場所だと断言できます。夏であれば一番涼しい場所、冬であれば一番暖かい場所という訳です。ちなみに、汗腺の分布が猫とよく似ている犬も、汗をかいて体温調節をすることはできません。

しかし、犬はパンティングといって、口を開けて舌を出し、ハァハァと荒い息をすることで体温を調節しています。猫も、犬のようにパンティング呼吸で体温を下げることがあるらしいのですが、筆者は見たことがありません。猫のパンティング呼吸は、基本的にはあまりないとのことなので、猫がこのような呼吸をしばらく続けている場合には、別の病気を疑って動物病院で診てもらう方が良いと思います。また、このグルーミングは、被毛の中に空気を取り込ませることで、冬の防寒にも役立っています。つまり、猫の体温調節の基本は、グルーミングと快適な場所選びという訳です。

猫の体温調節は飼い主さんがサポート

猫寝る

猫の祖先はエジプトの砂漠で誕生しました。そのため、暑さには強いと思われがちですが、砂漠という厳しい環境で生き抜くために、極端に水を節約するような体の作りに進化し、その結果として汗をかかなくなったとも考えられています。そのために、猫は効率よく自分の体の体温を調節することができません。野生の猫であれば、風通しの良い日陰になる場所を選ぶこともできるでしょうが、現代に生きる猫たちは、そのほとんどが人と一緒に室内で暮らしています。室内にいると、環境の変化は乏しく、なかなか快適な場所を見つけられないということもあるでしょう。

一緒に暮らしている猫の体温調節をサポートしてあげられるのは、飼い主さんしかいないのです。特に、猫は寒さよりも暑さに対する体温調節が苦手です。熱中症や脱水症状を起こす前に、飼い主さんは室内が猫にとっての適温になるよう、室温の調節をしてあげてください。また同時に、猫がいつでも水分を補給できるよう、新鮮な水を常に飲めるような環境を維持してあげましょう。

扇風機は猫にも効果があるのか?

猫寝る

ところで、人が涼を求める時に使用する電化製品に、エアコンと扇風機があります。エアコンよりも扇風機の方が電気代も安くすみそうですが、扇風機は猫にも効果があるのでしょうか。人が扇風機を使うと涼しく感じる理由は2つあります。1つ目は、人の周囲にある気温よりも低い温度の風を受けることで涼しさを感じるのです。2つ目は、風を受ける事で人の周囲の湿度が下がり、汗の蒸発を促進してくれるために涼しく感じるのです。

汗をかかない猫にとっては、2つ目の理由は該当しません。そのため、扇風機の猫への効果は人より少ないように思われます。我が家では、猫のためにと考えて羽のついていないタイプの扇風機を使っていますが、猫が時々扇風機の前に座り、体の正面から風を受けていることがあります。周囲の気温よりも低い温度の風であれば、猫にも効果があるようです。

まとめ

猫

前述の通り、元々エジプトの砂漠で誕生した猫は、寒さよりも暑さに強い面があるのは事実です。あの体の小ささは、人や馬、大型犬などと比べて体に熱がこもりづらいので、今の体温調節方法で十分だったのでしょう。しかし、近年の異常気象は、人だけではなく、猫にとってもとても辛いものです。寒さについては、布団に潜るとか仲間同士で集まって暖をとるというような方法が可能ですが、夏の殺人的な暑さについては、グルーミングによる熱の放散と快適な場所を探す、体を伸ばして熱を放散するというような方法では、なかなかしのげずに熱中症になる猫も増えてきています。

飼い主さんがお仕事で家を留守にしてしまう場合も含め、一緒に暮らしている猫には、常に最適な環境を提供できるようにしてあげましょう。夏と冬は、猫のためにもエアコン等を利用した上で外出するようにしてあげた方が良いでしょう。

関連記事一覧