猫 トイレ

猫と一緒に暮らすのなら、まずはトイレの準備!

猫と一緒に暮らすことになったら、色々と準備が必要です。とにかくすぐに必要になるのは、トイレですね。トイレの場所や数、形状、そしてトレーニング。飼い主さんが避けて通れない猫のトイレについて、一緒に考えてみましょう。

猫と一緒に暮らすことになったらすぐに準備すること

猫 トイレ

猫と一緒に暮らすことになったら、すぐに準備しなければならないことがいくつかあります。すぐに必要な物は、猫の年齢にあったフードと食器・水飲み、安心して休める場所、そしてトイレと猫砂といったところでしょうか。いざという時のために、キャリーバッグもなるべく早めに用意しておいた方が良いでしょう。その中でも、特に今回はトイレについて取り上げたいと思います。何しろ、排泄は生理現象です。頼んでも待ってはくれません。万が一待ってくれるとしても、決して頼んではいけません。健康に悪いですからね。そして、排泄は1日に数回行われます。何はなくともまずトイレ、なのです。

トイレの設置環境について考えてみよう

猫 トイレ

猫と一緒に暮らすことが決まったら、まずトイレをどこに置けば良いのかを考えましょう。猫が安心して静かに排泄できる場所を探してあげましょう。まず、人の行き来が少ない場所が良いです。猫が排泄をしている間は、飼い主さんは猫と目を合わせないであげてください。猫にだってプライバシーはあるのです。したがって、衛生上の問題も含めて人間の食卓からは離れた場所においてあげましょう。ただし、飼い主さんがすぐに確認でき、トイレを掃除する作業スペースが確保できる場所にしましょう。

猫は、トイレが汚れていると、デモンストレーションとしてトイレ以外のところで排泄をし、飼い主さんにトイレが汚れていることを訴えます。だから、常に飼い主さんがトイレの状況をチェックし、掃除しやすい場所が良いのです。できれば風通しの良いところが望ましいですが、マンションだと難しいかもしれません。匂いがこもるのは嬉しくないでしょうが、逆に匂いがこもらないように、まめに掃除をしてあげるように心がけましょう。

トイレの数って1つじゃないの?

猫 トイレ

多頭飼いの場合は、トイレの数は「猫の頭数+1個」が良いと言われています。部屋の広さもあるでしょうが、オシッコやウンチの匂いは、その猫の縄張りを示すマークになりますから、最低でも猫の頭数分は用意してあげてください。その上で、万が一の時に備えて+1個の用意をしておけば、トイレの外に排泄されることを予防できます。我が家の場合、猫は1匹ですがトイレは2個設置しています。猫の方で、こっちのトイレはウンチ用、こっちのトイレはオシッコ用と決めているようで、2個のトイレを使い分けています。トイレの管理や排泄物の管理(ウンチやオシッコの量の計測)がしやすくて、助かっています。

排尿・排泄はトイレですることを覚えてもらう

猫 トイレ

猫の場合、犬と違ってトイレのトレーニングはそんなに難しくありません。元々、猫の祖先はエジプトナイル川流域で生まれました。そのため、猫は砂地に排泄をする習性があります。ですから、猫は自然に砂のある猫用のトイレで排泄をしてくれます。猫のトイレトレーニングは、トイレの使い方を教えるのではなく、トイレの場所を教えてあげると言った方が実態に近いと思います。猫は、食事の後や遊んでいる最中に、急に部屋の隅をウロウロしたり、前脚で地面を掻くような仕草をしたりすることがあります。それが、猫のトイレサインです。猫のトイレサインを察知したら、すぐに猫をトイレに連れて行き、中に入れてあげましょう。

すぐには排尿・排泄をしないかもしれませんが、しばらくそっとして、様子を見守ってあげてください。そして、トイレに排尿・排泄をしたら、優しい声で褒めてあげましょう。猫にもよりますが、これを数回繰り返せば、猫は自分からトイレに行き、排泄してくれるようになります。もしも猫がトイレ以外の場所で排尿・排泄をしても、決して怒らないでください。猫は、排泄した場所が悪いとは思いません。排泄すると怒られると思ってしまいます。また、排泄に限らず、怒る時は悪いことをしたその場でしか怒ってはいけません。時間が経ってしまってからでは、猫はなんで怒られたのかを理解できません。基本的に、猫のしつけは怒らずに褒めることで教えていくと覚えておいてください。

また、トイレ以外の場所で排尿・排泄をしてしまった場合、そこに匂いが残ってしまうと、猫はそこをトイレだと思って、またその場所で排泄するようになるかもしれません。必ず綺麗に片付けて、匂いを残さないようにしましょう。

トイレの形はどれが良い?

猫のトイレ

時々、テレビなどで人間用の水洗トイレで排泄している猫の映像を見かけることがあります。トイレ掃除も必要ありませんし、すぐに流せて便利だと思っている方も多いでしょうが、筆者はあまりおすすめしません。危険だと思うからです。猫は、あっという間に大人になり、高齢化します。9歳の猫用フードには、「シニア用」と書かれています。高齢化した猫は、脚が弱り、ジャンプして高いところに昇ったり降りたりするのがおぼつかなくなります。そんな状態で飼い主さんが見ていない時に水洗トイレに昇って失敗したら、便器の中に落ちて溺れてしまうことにもなりかねません。やはり、猫用に開発された専用のトイレを使うのが、一番だと思います。

形状には色々なものがありますが、筆者のおすすめは、システムトイレです。これは、トイレ本体の底がトレイになっており、そこにペットシーツを敷いてオシッコをしみ込ませる仕組みになっています。トレイの上の、トイレ本体の床はすのこ状になっており、その上に猫砂を敷きますので、猫がオシッコをしても綺麗な状態が保たれます。もちろん、ウンチは猫砂の上に残りますので、排便後はなるべく速やかにウンチを取り除いてあげてください。

筆者がこのタイプをお勧めする理由は、オシッコがペットシーツにしみ込むため、あまり匂いが気にならないという点と、何と言っても排尿量を計測しやすいという点です。猫は歳を取ると慢性腎不全に罹りやすいのですが、1日の排尿量を測ることで、泌尿器系の異常を察知しやすいのです。トレイにセットする前にペットシーツの重さを測っておき、1日の決まった時間にオシッコのしみたペットシーツの重さを測れば、その日の排尿量がわかります。

もちろん、他のタイプのトイレもそれぞれに良い点がありますので、ペットショップで現物を見ながら決めると良いでしょう。日々、新しい製品が出ていますので、店員さんにも色々と質問してみましょう。最近は、排尿量や体重を自動的に計測し、スマホにデータを送信してくれるようなトイレも発売されました。

猫が高齢になった時に注意すること

猫

先にも書きましたが、猫はすぐに高齢化します。高齢化すると、脚が弱ってきて足取りがおぼつかなくなります。我が家の愛猫も今年で18歳になりました。人間の年齢に換算すると88歳くらいです。昨年5月に脳腫瘍に罹ったので年齢のせいだけではありませんが、よろけたり脚が震えたりすぐに転んだりと、歩くのが心許ない状態です。そのため、猫のベッドとトイレと餌場を全て同じ部屋の中に設置し、あまり歩かなくても全ての用をまかなえるように環境を変えました。

最初のうちは、以前トイレのあった場所まで行き、不思議そうな顔をしながら新しい場所のトイレに入っていました。愛猫の様子をよく観察し、トイレの場所を変更するタイミングやフォロー等を、タイミングよく行ってあげてください。また、歩くこともできなくなると、飼い主さんがトイレに連れて行ったり、寝床にペットシーツを敷いたり、猫用のオムツをしたりということも必要になってきます。

トイレを清潔に維持することで、猫も人もハッピーライフ!

猫と女性

猫は、とても綺麗好きな動物です。トイレにウンチがいつまでも入っていると、掃除してくれと訴えにきます。それに気づかずにいると、デモンストレーションに、トイレではないところに排泄したり排尿したりします。もちろん、ウンチやオシッコを長くそのままの状態で放置しておけば、衛生面でも問題です。猫のトイレも、毎日綺麗に掃除をしてあげましょう。綺麗なトイレは、猫にも人間にも幸せな生活をもたらしてくれます。

関連記事一覧