猫とチーズ

猫に与えても良いチーズ、悪いチーズ!無塩カッテージチーズの作り方

チーズ好きな人が多いように、チーズ好きな猫も多いようです。しかし、我々が普段食べているチーズは塩分が高く、猫に与えるのは心配だという方も多いでしょう。猫に与えても良いチーズはどのようなものか、またどのような注意点があるのかについて、まとめました。

チーズは猫にとって嗜好性の高い食べ物

猫

動物病院で愛猫の薬を処方された際に、「おくすりちょうだい チーズ味」という投薬補助剤を紹介されて、使っていました。処方された薬がかなり苦かったようで、おくすりちょうだいに混ぜて飲ませても、かなり嫌がられてしまったのですが、その時に「チーズ味は猫の嗜好性が高いのかぁ」と思いました。たしかに、飼い主さんがチーズを食べると寄ってきて欲しがる猫も多いようです。しかし、チーズは人にとって美味しい食べ物です。つまり、猫には塩分が高過ぎます。猫にチーズを食べさせるのは怖いと思う飼い主さんも多いはず。欲しがるからといって、安易に与えてしまうのは良くないはずです。そこで、今回は猫にチーズを与えても良いのか、どんなことに注意しなければいけないのか、与えてはいけないチーズもあるのか等について、まとめてみました。

チーズは猫にとっても栄養価の高い食べ物

猫とチーズ

チーズは乳製品ですので、良質な動物性タンパク質を含んでおり、他にもカルシウムやビタミンなど、猫にとっても必要な栄養分を多く含んでいます。また、猫にとって有毒な成分は含まれていません。また、成猫に牛乳を飲ませると下痢をするので飲ませない方が良いと言われている原因である乳糖(ラクトース)は、チーズには微量にしか含まれていません。つまり、チーズは猫にとっても栄養価の高い食べ物だと言えるのです。ただし、前述の通り、チーズにはかなりの塩分が含まれているため、与えても良いチーズ、悪いチーズや与える時の注意点があります。

猫にチーズを与える時の注意点

猫 寝る

実は、チーズに多く含まれていて猫にとって良くない成分は、塩分だけではありません。脂肪分も高く、カロリーも高いのです。その点を踏まえて、猫にチーズを与える時に守るべき注意点を下記にまとめました。

① 乳製品にアレルギーのある猫には与えない
乳製品にアレルギーのある猫もいます。チーズの原料は牛乳ですので、乳製品のアレルギーを持っている猫には、チーズを与えてはいけません。
② 塩分や脂肪分が低いチーズを与える
高塩分は腎臓への負荷が高く、腎臓病のリスクが高まります。高脂肪分は肥満の原因になります。猫に与えるチーズは、塩分や脂肪分が低い物に限定しましょう。
③ 初めて与える場合は少量に留め、様子を見る
チーズに限りませんが、猫に初めてのものを食べさせる場合は、必ず少量に留め、様子を観察するようにしましょう。猫に下痢や嘔吐が見られた場合は、その食材を猫に与えないようにしましょう。
④ 適量しか与えない(与え過ぎない)
 いくら塩分や脂肪分が低いものだとしても、与え過ぎは良くありません。メインの食事と合わせたカロリーが必要以上に多くなり過ぎないよう、注意しましょう。

猫に与えてはいけないチーズ

子猫

原則、人用のチーズは猫に与えないでください。前述の通り、人用のチーズは塩分、脂肪分が高く、高カロリーです。猫は元々腎臓病に罹りやすい動物です。高塩分は腎臓への負荷が高く、猫にとっては命取りになりかねません。飼い主さんがチーズを食べている時に猫がそのチーズを欲しがっても、決して与えないでください。ちゃんと、猫用のチーズを用意してあげましょう。

猫に与えても良いチーズ

猫

人用のチーズでも、カッテージチーズであれば、塩分・脂肪分共に低いので与えても良いでしょう。ただし、基本的には、猫に与えるのは猫用チーズに限定するのが望ましいです。市販されている猫用チーズは、塩分や脂肪分を低く抑えるように製造されています。また、市販の猫用チーズには、パウダー状、ダイス状、ペースト状等さまざまな形態の製品があり、食欲が落ちた時のフードへのトッピングや、投薬の補助など、愛猫の生活の質の改善にも役立てることができるでしょう。

しかし、猫用チーズでも無塩の製品は少ないようです。カッテージチーズは、自宅で比較的簡単に手作りすることができます。手作りなら完全に無塩のチーズにできますので、試してみるのも良いでしょう。もちろん、手作りカッテージチーズは人も食べることができます。たとえ猫が食べてくれなくても、無駄にはなりませんね。

猫に与えても良い無塩カッテージチーズの作り方

カッテージチーズ

<材料および用意するもの>
牛乳:500ml
レモン汁:大さじ1〜2(お酢での代用も可)
ボウル×2
ざる
 ガーゼ(キッチンペーパーでも可)
<作り方>
① 牛乳を鍋に入れ、温める。ただし、沸騰させないこと。
② 牛乳が60℃になったら火を止める。少しずつレモン汁を加えて、牛乳がぼそぼそとした固形分(カッテージチーズ)と水分(乳清)に分離するまでかき混ぜる。乳清が白濁している場合は、レモン汁を少し追加する。
③ しばらくそのまま置いて粗熱を取る。
④ ボウルにざるを重ね、その上にガーゼを敷く。そこに鍋の中身を入れて、濾し、ガーゼを絞って水分をなくす。
⑤ 別のボウルに水を張り、絞ったチーズを洗い、酸味を流す。
 ⑥ 最後にもう一度チーズを絞り、好みの硬さになるように仕上げる。

なお、④でボウルに残った乳清は、飼い主さん用のおやつの材料やジュース、スープの出汁等に利用できます。一時期乳清飲料水が流行りましたが、乳清も栄養満点なので、捨ててしまうのはもったいないです。乳清は、ホエーとも言い、クックパッドのようなレシピサイトに乳清(ホエー)を活用したレシピが多く掲載されているので、参考にしてください。ただし、乳清には乳糖(ラクトース)が多く含まれていますので、猫には与えない方が良いでしょう。

まとめ

猫

チーズを好まない猫もいますので、そういう猫に無理にチーズを食べさせる必要はありません。でも、もしもあなたと一緒に暮らしている猫がチーズを好むようであれば、うまく利用することで、食欲の促進や投薬の補助に役立ち、猫にとっても嬉しいことだと思います。ただし、与えるのは猫に与えても良いチーズに限ること。そして、くれぐれも与えすぎには注意しましょう。

関連記事一覧