猫と魚

猫が魚を食べたら魚の骨が刺さった!症状と処置方法!

猫は肉食動物ですが、日常的に魚をよく食べる日本ならではでしょうか、日本の猫は魚を口にすることも多いように思います。実際海外産のキャットフードでは魚を使ったものはあまり見ないですが、日本のキャットフードには魚を使ったものがよくありますね。しかし魚を食べ慣れない猫は魚の骨をうまく呑み込めず口の中に刺さってしまうこともあるようです。魚の骨が刺さったときの対処法についてまとめます。

猫は魚好き?

猫と魚

猫は本来肉食動物です。今ペットとして飼われている猫はすべてリビアヤマネコが祖先だと言われています。砂漠に住む猫で、ネズミなどの小動物を取って生きていた猫です。当然砂漠で魚を食べる機会などなかったはずです。そんな猫を祖先に持つ現代の飼い猫なのに、日本の猫は魚を良く食べるのは不思議ですよね。日本で売られているキャットフードの多くにもまぐろ味やかつお味など魚を使ったものが多くあります。ですので猫は元々魚好きなんだと勘違いしている方も多いと思いますが、実はそういうわけではありません。

日本では昔から魚をよく食べる文化があります。逆に肉を食べる習慣があまりなかったのです。当時はキャットフードなどというものはありませんから人間が餌として猫に魚を与えることもよくあったのでしょう。そういうイメージが現代まで続いているのだと思います。今でも漁村や田舎の方では猫に魚を与える人が多く魚を食べ慣れている猫がたくさんいるのも事実ですが、一般的な都会の猫は魚を食べ慣れていません。そういった猫にとっては実は魚の骨というのはかなりやっかいなものです。

猫に魚の骨をあげることについて

猫が魚を咥える

猫は犬のように魚の骨をかみ砕いて飲み込むということができません。基本的にどんな食材も口に入る大きさに噛みちぎってそのまま飲み込むというやり方で食べていますので、うっかり固い骨などがあった場合でも飲み込んでしまうのです。上手く胃まで流れてくれればよいですが、途中で口や喉に刺さってしまうこともあります。胃まで流れれば時間が経てばちゃんと胃で胃酸によって消化されて吸収されますが、大きい骨の場合消化しきれず残った骨が腸に刺さったり、などという大ごとになることもあります。

小魚の小骨程度ならまだ良いでしょうが大きい魚の骨は危険ですので、必ず骨を取ってから身だけ与えてください。また、敢えて魚を与える必要はありません。今はキャットフードがとても優れていて、総合栄養食のキャットフードを与えていれば栄養的にはほぼ問題ありません。猫が魚を好きでどうしても欲しがるのでおやつ的な意味合いで少量与える分には構いませんが、栄養のためにわざわざ魚を用意して与える必要はありません。また、刺さるという意味で言うと、鳥の骨も折れたときにとがっていますので危険です。骨付き肉などはそのまま与えないようにしてください。

魚の骨が刺さった時の症状

猫が魚を咥える

猫に魚の骨が刺さったときに多く見られる症状がいくつかありまして、よだれが止まらない、口臭がする、口が閉じられない、口を気にして前足で触ろうとする、食欲がなく元気がない、何かを吐こうとするが何も出てこないなどがあげられます。魚の骨を食べたあとにもしこういった症状があれば、もしかしたら骨が刺さったのかもしれないと疑う気持ちを持つようにしましょう。放っておいて炎症をおこしたりする前に動物病院に連れて行くなどの対処をお勧めします。

魚の骨が刺さった時の処置について

猫が魚を咥える

もし猫に魚の骨が刺さってしまったら、基本的には動物病院に連れて行くしか対処はできませんが、もし骨が刺さったのが口の中の比較的見えるところであれば飼い主さんにもできることがあるかもしれません。もし魚の骨が刺さったようであれば、一度猫の口を開けさせて中を見てください。見える範囲で魚の骨が刺さっているようなら、ピンセットや箸などで抜いてあげましょう。

この時猫は嫌がって暴れると思いますので、一人で取るのは難しいです。一人が抑え係で一人が骨を取る係り、といふうに分担するのが良いと思います。前足はしっかり押さえて引っかかれないように、口を閉じて噛みつかれないようにしっかり保定しましょう。しかし無理は禁物ですので、無理そうなら動物病院に連れて行ってください。

魚の骨を喉に詰まらせないために

猫

魚が好きでどうしても食べたがる猫もいると思います。我が家の猫も魚好きで困ってしまうのですが、必ず骨は取ってから与えています。骨を取らないままの切り身や一匹丸ごと与えるのは、よほど魚を食べ慣れている猫以外にはやめた方がよいでしょう。面倒でも大切な飼い猫の健康を守るためですので実行してください。もしくは市販の猫用のおやつには魚の骨を使ったものもありますので、そういったものであれば安心だと思います。

猫がどうしても魚を食べたがるなら

猫と魚

猫は子猫の頃に食べた味を覚えていて食べたがるようになると言われています。キャットフードに魚を使ったものが多い日本では、やはり魚好きになる猫も多いようです。どうしても魚を食べたがる猫がいた場合、絶対魚を与えてはいけないというわけではありませんが、実は魚の中でも与えると害になる可能性のある魚というものがあります。マグロやかつお、サバ、あじなどの青魚はにおいも強く猫が好む味なのですが、食べ過ぎると黄色脂肪症という病気になる可能性があります。猫の皮下脂肪が炎症を起こす病気です。

あくまで過剰摂取した場合なので適量与える分には大丈夫ですが、できれば避けたいところです。魚を欲しがる猫にはまず白身の魚を試してみてください。そちらも食べてくれるようなら白身魚に徐々にシフトしていった方が猫の健康のためには良いと思います。ただ白身魚はにおいのインパクトが薄いのでなかなか難しいところですが、他のフードと混ぜるなどしてうまく誘導してみてください。

まとめ

猫

猫に魚を与えたつもりはなくても、人間が食事で食べた魚のお皿をそのままテーブルの上に置いておくと、猫がおいしそうなにおいで気づいて残っていた魚の骨を食べちゃったという事例もあるようです。魚の骨に限らず飼い猫の誤飲は人間の責任です。猫が食べてはいけないものは片付けておくということは徹底した方が良いですね。

関連記事一覧