猫うつ伏せ

猫を飼うのに必要な費用はどのくらい?猫を迎えるにあたっての費用全て教えます!

「日々の生活に潤いが足りない。」「可愛い猫と同居したらきっと楽しい毎日だろうな。」「…そうだ、猫と暮らそう!」でも、猫を家族の一員に迎えるにはそれなりの出費が必要です。今回は、これから猫を迎えるにあたって必要になる費用がいくらくらいなのか。今回は某大手ショッピングサイトで調べてみた、おおよその金額もご紹介していきます。

猫の食費

猫に餌

飼い主さんのこだわりが出やすいのがキャットフードかもしれません。3㎏も入って800円ほどのお安めフードから、1㎏で5,000円する高級フードも。可愛い猫の健康を考えてなるべく良いフードにしてあげたいのも山々ですが、これからずっとかかる出費の代表です。今回は、某大手通販サイトにて、一番売れているキャットフードを例にとって計算してみましょう。

・某キャットフード 内容量2.2㎏ 価格1,225円

成猫の平均体重は3.0~5.6㎏といわれています。間をとって4.0㎏とした場合、例にとったキャットフードの給与量は一日およそ70gです。70g×31日=2,170g

一袋(2.2㎏)でおよそ一か月分がまかなえる計算になりますので、ひと月当たりのフード代は1,200円としましょう。ただし、水をあまり飲まない猫ちゃんには水分補給をさせるためウェットフードを併用する事もあります。また、与えたフードが気に入らないor飽きたなどの理由で買い替える事もありますのであくまで目安程度にとらえてください。

猫を迎えるにあたって必要な備品の費用

猫がカゴで寝る

人間と一緒に猫も住みやすい環境を整えてあげましょう。

猫用のケージ

猫ちゃんがちょっと落ち着きたいときの居場所になります。また、病気や手術後の安静にさせたい時にも必要です。トイレ、フードや水も置けて、ある程度自由に動けるように、2~3段のタイプが好ましいでしょう。3段タイプで15,000円ほど。

キャットタワー

猫は高いところがとっても好きで、上下運動でストレスを発散しています。室内飼いの場合はどうしても運動不足になりがち。猫が上り降りしやすいように設計されているキャットタワーがおすすめです。柱が爪とぎになっているものも多く、別に爪とぎを置かなくていいのも省スペースになってありがたいです据え置きタイプや、突っ張りのタイプのものなど種類は豊富でお値段も幅広いです。平均的な大きさのもので7,000円ほど。

猫用トイレ

猫のうんちやおしっこは、なかなか臭いが強いので、消臭効果に優れたものが好ましいです。水分が固まってトイレに流せるタイプの猫砂や、シートがおしっこを吸収して消臭するタイプ。砂の種類も細かいもの、大粒のもの、紙、木…様々な種類があります。猫用トイレ(本体+砂付き)2,500円ほど。

猫用給水器

猫は新鮮で流れている水が好きと言われています。フィルターを通して水を循環させる給水器は、カルキ臭を抑えてより安全で清潔な水を与えることができます。本体とフィルター付きのもので2,500円ほど。

キャリーバッグ

病院などに移動する際にあると便利です。キャリーバッグに普段から慣らしておくと、いざ病院へ!という時にスムーズに入れられるので便利です。コンパクトに畳めるリュックタイプのもので2,500円ほど。

猫のお手入れ用品

猫

猫の健康を維持するために必要な用品です。こまめに手入れをして、衛生的に健康を維持してあげましょう。

猫用ネイルトリマー(爪切り)

人間用の爪切りでも代用は可能ですが、できれば用意してあるとよいでしょう。猫の爪が切りやすいよう、特殊な形の刃になっています。安いものなら500円ほど。

猫用の爪とぎ

猫は爪を研ぐ生き物。大事な家具や壁、床へのひっかき傷を防止するためにも猫が思いっきり爪を研げる設備を。猫がくつろげるベッド型や、壁に立てかけてのびのび爪とぎできるタイプのものなど様です。人気の立てて研げる段ボール製のものは2,400円ほど。

猫用ブラシ

ブラッシングは猫の毛並みを整えるだけでなく、余分な抜け毛をとってあげることで、お部屋の中に毛が舞うのも軽減できます。可愛い飼い猫とのスキンシップの時間でもあるので、最低一日一回はブラッシングをしてあげたいですね。用途に合わせて様々な種類がありますが、安いものなら500円ほどから。

猫用シャンプー

お風呂で使うシャンプーはもちろん。苦手な猫ちゃんのために、水を使わないタイプのドライシャンプーもあります。洗い流すタイプのもので500円ほど。

ペット用ウェットシート

トイレのあと、ちょっと汚れが気になった時など。脚やお尻はもちろん、目やに、耳掃除にも。お風呂に入れるほどじゃないけど、ちょっとお手入れしたい時などに重宝します。ペット用の舐めても安心な成分で、消臭効果のあるタイプがおすすめです。80枚入りで200円ほど。

食費と備品の合計額

猫

ここまで紹介した費用を合計すると、34,800円です。あくまで、最初に備品を揃える費用ですのでこれで終わりではありません。キャットフードや猫砂はもちろん、消耗品の買い替えなども経常的に起きてきます。

猫の健康維持のための費用

猫うつ伏せ

「任意だからやらなくてもいいでしょ?」そんな無責任なことを言う人もいますが、愛猫家として責任をもつためにも必要な処置をしましょう。妊娠や病気の予防は、飼い主さんの義務です。

不妊手術

室内飼いだとしても、去勢手術や避妊手術は必ず必要です。病院によって誤差があるようですがオスの去勢手術で10,000~20,000円、メスの避妊手術で15,000~30,000円ほどです。高額ですし、手術が可哀そうに感じるかもしれません。しかし、繁殖目的でないのなら今後のためにもきちんと処置してあげましょう。

ワクチン接種

完全室内飼いの猫でも「3種混合」の接種を毎年するのが推奨されています。こちらも病院によって誤差があるようですが、おおよその相場は5,000円ほどのようです。

ペット保険

猫

人間もそうであるように猫も急に病気やケガをすることもあります。人間とは違い、ペットの医療費は全額自己負担です。そんな医療費の出費が起きた時のために、ペット保険に加入する飼い主さんも増えています。こちらの費用は猫の年齢や特約によって金額が変わるので今回は紹介を省略します。

まとめ

猫とバッグ

今回はあなたが初めて猫を飼うという前提で、どれくらいの費用がかかるのかを、ご紹介いたしました。紹介した費用は本当に表面上のものなのだと思います。一緒に暮らしているうちに、思わぬ出費が出てくるもの。そんな時でも、対応できるだけの余裕をもって、愛猫をお迎えしましょう。猫も飼い主さんも、お互いが快適に暮らしていけると良いですね。

関連記事一覧