猫注射

猫の全身麻酔のリスクと飼い主ができること

どんなに大切に飼っていても、飼い猫も病気や怪我をすることはあります。その時治療の一環として全身麻酔を使うことは有り得ることです。全身麻酔をすると人間でもそれなりに体に負担をかけることになりますが、猫の場合はどうなのでしょうか。どのようなリスクがあるのでしょうか。猫の全身麻酔使用についてまとめます。

麻酔の種類

猫注射

一口に麻酔と言ってもいろいろな種類があります。まず全身麻酔とは、脳に麻酔をかけて眠らせてしまうことで痛みを感じなくするものです。麻酔のかけ方が強すぎると生きるために必要な呼吸が止まったり重大な事故に繋がりますので管理が厳重で難しいです。ですが、大きい手術をする場合にはたいてい全身麻酔を使うことになりますし、猫の場合はさほど大きくない手術の場合でも全身麻酔を使用することがあります。

猫は自分が治療されているとはわかりませんので、意識があるとどうしても動いてしまい危険に繋がることもあるからです。また治療でなくCTやMRIなどの検査の場合でもじっとしておくことができませんので全身麻酔を使用して行うことになります。全身麻酔のメリットとは、猫自身に痛みの記憶が残らないので、トラウマになりにくいということです。逆にデメリットは費用が高額になること、体に負担がかかること、絶食が必要になることです。

もう一つの種類としては局所麻酔があります。全身ではなく、治療を施す部分の周辺にだけ麻酔をかけますので、猫自身の意識は保たれます。メリットは全身麻酔に比べて安全性が高いこと、費用が安い、絶食は不要であることです。デメリットは、意識があるのでどうしても動いてしまい、適応できない場合があるということです。

全身麻酔のリスク

猫注射

全身麻酔のデメリットとして体の負担になるというのがあげられますが、具体的にどういったリスクがあるのでしょうか。まず麻酔薬にも当然副作用があります。心拍数が少なくなったり呼吸が弱くなったり、血圧が下がったりということです。人間の医療ドラマでも手術シーンでそういう場面がありますね。モニターをつけて監視しながら麻酔量を調節して管理しますが、もともと体力のない猫などは耐えきれず命の危険に繋がることもあります。

もちろん全身麻酔をする場合には必ず体が麻酔に耐えられるか、麻酔を使用しても大丈夫かどうかという検査を行いますし、リスクが高すぎるようなら全身麻酔は行いません。しかし、人間ならそういった術前の検査の際にもCTを撮ったりMRIを撮ったり精密な検査を行いますが、猫の場合よほどのことがない限りはそこまでの術前検査はしません。CTやMRIを撮るためにも全身麻酔が必要なので本末転倒になるからです。

ですので多くの場合、血液検査や心電図など簡単な検査で判断することになります。しかし、精密な検査ができないということは、事前に発見しきれない注意事項や重大なトラブルを起こしかねない異常があるかもしれないということです。それが見つかっていないまま全身麻酔をかけたことで、人間であれば避けられたトラブルに繋がってしまうという可能性もあります。

昔に比べると技術も進歩して麻酔もより安全になってきてはいますが、全くリスクがない麻酔というのはありません。手術自体は成功であっても麻酔の事故で目覚めなかったというような例もあります。絶対に安全とは言い切れないものであることは知っておきましょう。

全身麻酔にかかる費用

猫注射

全身麻酔はそれだけ技術的にも難しいものになりますので、当然費用もそれなりに高額になります。また、猫の治療は自由診療ですので、その病院ごとで設定されている金額は違っていますが、おおまかな相場として、全身麻酔だと10000円程度かかるようです。ただ麻酔料は治療費全体の一部でしかありませんので、総額と内訳を聞いてから費用の検討をした方が良いでしょう。

高齢猫に全身麻酔が負担になる理由

猫注射

高齢の猫には全身麻酔が使えないというのを聞いたことがあるでしょうか。麻酔をかけることによりかかる体への負担に高齢の猫は耐えきれないから、ということですが、具体的にどういった負担があるのでしょうか。まず、一番に負担がかかるのは肝臓です。肝臓は毒物を分解して無毒化する工場のようなものです。
麻酔薬も毒物には違いないので体内に入ったあとは肝臓に運ばれて無毒化されます。

体力のある若い猫なら、突然大量の麻酔薬が運ばれてきても対処できる余裕が肝臓にもありますが、高齢の猫だと余裕がなく肝臓にかなり負担をかけることになります。その結果手術後に肝臓の状態が悪くなったり、無毒化をしきれなくて問題が起こることもあります。高齢の猫だけでなく若くても肝臓に問題のある猫は同様のトラブルが起こりやすいです。また、麻酔薬は最終的に腎臓から排出されます。

ですので腎臓の機能が弱っている猫に麻酔薬を投与すると、麻酔薬がなかなか体内から排出されずに問題になったり、弱っている腎臓を酷使することになりますので大変負担になります。猫は体質的に腎臓を悪くしやすいですので、高齢で腎臓の数値が良くない猫は珍しくなく、より注意が必要です。

麻酔事故を防ぐために飼い主ができること

猫注射

どんなに気を配っても、麻酔事故を100%なくすることはできないかもしれません。しかし、飼い主にも飼い猫の安全のためにできることがあります。まずは飼い主も知識をつけることです。どのような病気・怪我でどのような手術を受けるのか?病院で説明があるかとは思いますが、もし不審に思うようなことがあればセカンドオピニオンを受けても良いと思います。納得がいくまで説明を聞いてください。

そして手術を受ける病院自体の設備や、執刀する医師の技術も手術の成功に関わってきます。一般人がそこまで判断するのは難しいですが、ホームページをよく読んだり口コミなどを調べたりはできると思います。また、猫の状態を一番身近で見て把握しているのは飼い主さんです。詳細な術前検査ができない分、普段の猫の行動などから推測できることは医師にきちんと伝えることで少しでも情報を補うことができるかもしれません。後悔のない選択ができるように飼い主さんも努力しましょう。

まとめ

全身麻酔はリスクが伴うものですが、飼い猫の命を守るためにリスクを承知で使わなければならないときもあります。各猫の体調、体質に合わせて麻酔のリスクを下げるための処置を取ることが大切です。飼い主の話をしっかり聴いてくれる獣医師に巡り会えると良いですね。

関連記事一覧