猫と餌

猫がチョコレートを食べちゃった!なぜダメ?どうすれば良い?

猫にチョコレートを食べさせてはいけないとご存知の方は多いでしょう。でも、その理由や中毒症状、対処方法などについて、普段から意識しているでしょうか。いざという時にも慌てないように、症状や対処法などについて、しっかり整理しておきましょう。

猫にチョコレートがダメな事は知っているけど・・・

猫とチョコ

今や、猫にチョコレートを食べさせてはいけないという事はすっかり周知されています。しかし、なぜ猫にチョコレートを食べさせてはいけないのか、万が一食べてしまった時にはどうすれば良いのかについては、まだあまり知らない方も多いのではないでしょうか。今回は、改めて猫がチョレートを食べてしまった場合の危険性について整理してみたいと思います。

猫にチョコレートを食べさせてはいけない理由

チョコレート

チョコレートは、人にとっては健康のために良い食べ物だと言われています。チョコレートに含まれている成分には、たんぱく質、脂質、糖質、食物繊維、ミネラル類、カカオポリフェノール、テオブロミンがあります。健康に良いと言われているのは、この中のカカオポリフェノールです。カカオポリフェノールの抗酸化作用には、心臓病のリスクを低減したり、動脈硬化を抑制したり、肥満を抑制したりするといった、生活習慣病の予防効果があります。

また、脳機能の改善、ストレス抑制、冷え性改善、便秘改善効果なども着目され、高カカオチョコレートに人気が集まっているのです。しかし、チョコレートにはテオブロミンや、少量のカフェインが含まれているため、小児や妊婦への多量摂取は避けるようにとも言われています。このテオブロミンが、猫にチョコレートを食べさせてはいけない理由なのです。テオブロミンは、カカオ豆に含まれている苦味成分で、カフェインによく似た効果を持っています。

テオブロミンには自律神経を調節する働きがあり、リラックス効果をもたらしてくれますが、中枢刺激作用もあるため、気管支の拡張や利尿作用を誘発してしまうのです。猫は、テオブロミンに対する感受性が非常に強く、その上身体からテオブロミンを排出する機能を持っていません。そのため、猫がテオブロミンを過剰に摂取すると、中枢神経や心臓に害が及び、中毒症状を起こしてしまうのです。

猫がチョコレートを食べた時の中毒症状

猫

テオブロミンにより猫が起こす中毒症状の主なものは、下痢、嘔吐、頻尿、脱水症状、痙攣、激しい呼吸、精神不安定、頻脈または徐脈、不整脈、昏睡、失禁、死亡などです。症状が出るのは、チョコレートを食べてから4時間以内が一般的です。猫が空腹な時にチョコレートを食べた場合は、消化吸収が早いため、もっと早く症状を発症するかもしれません。また重症な場合は、チョコレートを食べてから6〜24時間程で死に至ることさえあるのです。

猫がチョコレートを食べてしまった時の対処方法

猫ゴロゴロ

とにかく、チョコレートを猫に食べさせないことが原則ですが、そうは言っても万が一猫がチョコレートを食べてしまった場合には、どうすれば良いのでしょうか。猫は、チョコレートを食べた直後にすぐ中毒症状を起こす訳ではありません。そのため、「大丈夫そうだから、しばらく様子を見てみよう」などと思ってしまうかもしれません。しかし、猫のテオブロミン中毒はとても危険です。

食べた量が多くても少なくても、基本的には、すぐに動物病院に連れて行きましょう。行く前に、事前に電話で病院に状況を伝えておくとなお良いでしょう。猫がチョコレートを食べてしまったり舐めてしまったりしたところを目撃した場合は、綿棒などで舌の奥を刺激することで、食べたチョコレートを吐き出させましょう。そうすれば、その後の病院での処理も、猫にとってより楽なものになるでしょう。食べた後30分から1時間以内の場合、吐き戻しの効果が有効だと言われています。

しかし、飼い主さんの指を噛まれたり、無理に吐かせようとして猫の状態をさらに悪化させたりしないように気をつけてください。病院に連れて行く時は、獣医師に細かな状況まで説明できるように準備をしましょう。食べた現物の残りや包み紙を持参するのが良いと思います。また、食べた量もできるだけ正確に伝えましょう。正確な情報を伝えることが、獣医師に、迅速かつ適切な処置をしてもらえることに繋がります。

致死量は?また、少量でも食べさせてはいけない理由は?

猫

チョコレートのカカオ成分のうち、テオブロミンが含まれているのは「非脂肪カカオ分」です。テオブロミンとよく似た効果を持つカフェインも、人の健康に良いとされているカカオポリフェノールも、この「非脂肪カカオ分」の中に含まれています。したがって、「非脂肪カカオ分」が多い製品ほど、少ない量を食べても危険だということです。では、猫にとって、どの位の量のテオブロミンを摂取すると危険なのでしょうか。猫の体重1kgあたり、90〜100mgのテオブロミン摂取で中毒症状が発症し、250〜500mgで致死量だと言われています。メーカーや製品によりテオブロミン含有量は異なりますので、一概には言えませんが、平成20年の独立法人国民生活センターの報告によると、チョコレート100g(板チョコ2枚分)に含まれるテオブロミン含有量は下記でした。

普通のチョコレート :220〜270mg
 高カカオチョコレート:580〜1,100mg

したがって、体重3kgの猫の場合、「普通のチョコレート(板チョコ)を2枚食べると中毒症状が出、5.6枚食べると致死量になる。高カカオチョコレート(板チョコ)を0.5枚食べると中毒症状が出、1.4枚食べると致死量になる。」ということになります。人でも、あまり一度に食べる量とは言えない程の量ですね。猫は甘味を感じる味蕾をほとんど持っていないため、甘さについてはほとんど感じません。そして、苦味をとても敏感に感じるようにできています。そのため、猫が自ら積極的にチョコレートを大量に食べるとは、あまり考えられません。それでも、習慣等により食べてしまうことは十分に考えられます。

それにしても、「猫が一度にチョコレートをそんなにたくさん食べるわけがない」と安心しないでください。前述した通り、猫は身体からテオブロミンを排出する機能がありません。そのため、以前食べたテオブロミンが残っていると、たとえその場で食べたチョコレートは少量でも、体内に蓄積されたテオブロミンと合わせると中毒症状を発症するとか致死量に至るということもあるのです。

チョコレート以外にもテオブロミンが含まれている食べ物

コーヒー

チョコレート以外にも、テオブロミンが含まれている食べ物はあります。ココア、菓子やパンなどに含まれているチョコレートクリーム、コーラ、お茶などです。また、コーヒーに含まれているカフェインも、テオブロミンと同様の効果を持っていますので、猫にとっては危険です。これらは、たとえ少量でも猫には食べさせないような注意が必要です。

猫にチョコレートを食べさせないようにする工夫

猫と餌

最後に、どうすれば猫にチョコレートを食べさせないようにできるかを考えてみましょう。まずは、現物を出しっ放しにしないことです。猫は、犬と違って高いところにも楽々と上がってしまいますので、テーブルの上に置いたままトイレに入る等の行為は危険です。ちょっと席を立つだけであったとしても、猫には開けられない扉のある棚に入れる等の工夫が必要です。ちなみに、筆者はよく一時的な避難場所に電子レンジを使っています。

包み紙もすぐに捨てましょう。うっかり包み紙をそのままにしてしまうと、猫はチョコレートを食べる気が無くても包み紙で遊んでいるうちに舐めてしまうかもしれません。また、ゴミ箱は猫が蓋を開けられないタイプの物を選ぶのが良いですね。チョコレートのついた食器や調理器具も、すぐに洗って片付けましょう。シンクの中に置きっ放しにしたままいつまでも洗わないでいると、猫はシンクの中に入り、食器や調理器具についたチョコレートを舐めてしまうかもしれません。

また前述の通り、猫は積極的にチョコレートを食べようとはしないと思われます。しかし、飼い主が普段食べているものですし、飼い主が猫に与えてしまうことで、チョコレートは食べ物だと認識してしまうかもしれません。普段から、人が食べている物を猫が欲しがっても、あげないようにするということを習慣づけましょう。人にとっては健康に良いものでも、猫にとって危険な食べ物は、他にもたくさんあります。猫にとっての危険物は、猫の手に届く範囲に置きっ放しにしないように注意して、猫に安全で楽しい生活を送ってもらいましょう!

関連記事一覧