猫が寝てる

猫の生活リズムと睡眠『寝る』についての5つの気持ち!

猫が良く寝る動物だということはすでによく知られていることですが、実際にいったいどのくらい寝ているものなんでしょうか?気になったことはありませんか?飼い猫と幸せに暮らしていくためには人間と違う猫の生活リズムを知っておかなければなりません。猫の生活リズムと睡眠についてまとめます。

猫の睡眠時間

猫寝てる

飼い猫が気持ちよさそうにお昼寝している姿は人間を大いに癒してくれますね。一説によると寝ている時間が長いため「寝る子」と言われていたのが「ねこ」変化した、とも言われるくらいです。猫は一日に一体どのくらいの時間を睡眠時間に使っているのでしょうか。一般的には成猫で一日16時間から17時間は睡眠に使っていると言われています。しかしそのほとんどは浅い眠りです。猫は人間と同様深い眠りと浅い眠りを繰り返して寝ていますが、深い眠りにつくのは一日のうちほんの僅かです。野生では寝ている間でもどんな危険があるかわかりませんので、ちょっとした物音や気配に変化があればぱっと起きられるようにそういう眠りのスタイルになっています。ちなみに子猫だと14時間から20時間は眠っています。起きている時間は食事や身の回りのお世話をされることでほとんど終わってしまいそうですね。

成長するにつれてちょっとずつ長く起きていられるようになってきます。そうして成猫期を過ぎ、老猫になるにつれてまた睡眠時間が長くなってきます。長い猫は20時間以上を睡眠に費やすとも言われます。一日のうちのほとんどをベッドで過ごすようになりますので、心地よいベッドを作って快適に過ごせるようにしてあげてください。猫の睡眠時間が長いのは野生のときの名残です。猫は野生では主に夜に餌を探す習性があります。外では餌を探すのにとても体力を消耗しますから、そのために餌探しの時間以外のほとんどを睡眠に充てて体力を温存していたと思われます。室内飼いの猫は餌を探すのに体力を使って苦労することはないのですが、その習慣だけは残っているということですね。また、野生だと冬は獲物が少ないので、冬になるとより睡眠時間を長くして体力を温存しようという傾向があるようです。

猫は夜行性?

猫2匹

猫を飼っていると、昼間はほとんど昼寝していて、夕方頃になると起き出して、また一旦寝て明け方になると活発に動き出す、といったようなサイクルを過ごしていることに気付くかと思います。猫は夜行性、とよく言われますが、正確に言うと夜行性ではなく夕方と明け方に活発に活動する、という生活サイクルで過ごしています。これも野生の時の影響で、餌になる小動物などは夕方や明け方に一番活動するので、猫もその時間に狩りをしていたという名残です。

早朝に起こしにくる理由

猫

猫を飼っていると、まだ夜が明けない早朝から起こされてしまうという飼い主さんの嘆きをよく聞きます。よくある理由のひとつとしては、お腹が減ったからごはんちょうだい、という飼い主さんへの催促です。その場合は夜寝る前に大目に置き餌をしておくなどで対処はできますが、置いている間ににおいが飛んでしまうので、敏感な猫の場合は食べてくれない場合もあります。また、トイレが汚れてしまったのできれいにして欲しい、という催促の場合もあります。

この場合はトイレをもう一つ用意しておくしかないでしょう。また、一番困ってしまうのが、猫が早朝に目が覚めたときに誰もいなくて寂しくなり、飼い主さんに構って欲しくて起こしに来る、というパターンです。これはどうにも対処のしようがないので、諦めて起きて一緒に遊んであげるか、絶対に起きないと心に決めて寝続けるかどちらかの選択です。どんなに起こしても起きてくれないと悟ると、猫も諦めてくれるようになります。たまに起きて遊んであげるというのはやめた方が良いです。頑張れば遊んでくれると学習してしまい、ますます催促が激しくなることもあります。

早朝に起こしに来られて辛いときの対処法

猫布団から顔を出す

お腹が空いた、トイレを掃除して欲しい、寂しいから構って欲しいということに関しては上に書いた通りで対処ができると思います。しかし、そう思うとおりに行動してはくれないのが猫なので、これで解決するとは限りません。そうなると、飼い猫を寝室に入れないようにするしかないと思われます。大運動会をされてしまうと朝の惨状が恐ろしいかもしれませんが、あまりにも毎日起こされて体調を崩してしまうようならこういった強硬手段もやむをえないこともあります。

また、究極的な手段としては、人間が猫の生活スタイルに合わせて生活する、というやり方もあります。会社にお勤めの方には難しい手段ですが、自営業などで時間に融通が利く方は猫が寝ているときに一緒に寝て、猫が起きてきたときに一緒に起きて遊んだりご飯の用意をしたりしてあげながら自分の作業もこなす、といった具合です。なかなか難しいですが、夜鳴きが激しくて困ってしまうという飼い主さんにも有効なやり方のひとつだとおもいます

夜中の大運動会

猫2匹がじゃれる

また、深夜から早朝にかけて飼い猫が大騒ぎして走り回って困ってしまう、という話も良く聴きます。俗に猫の大運動会などと言ったりしますね。多頭飼いされている場合は猫同士の追いかけっこに発展し、大変な騒ぎになることもあるようです。猫の走り回るドタバタ音や、猫が物を落としたりするので近所迷惑になるかも、と思うと気が気じゃないですし、それを思うと飼い主もおちおち寝ていられないという辛さがあります。これは昼間にエネルギーを使いきれず余ってしまったので、夜に暴れまわって発散している状況です。飼い主さんは昼間でもよいですし夜寝る前でもよいですが、猫とよく遊んでエネルギーを発散させてあげることで夜に良く寝てくれるようになるかもしれません。

まとめ

猫が寝てる

猫は人間とは違う生活リズムで生きています。本来はその生活リズムを尊重してあげるのが良いのですが、毎日決まった時間に食事の用意をし、遊んであげて寝る、という暮らしを続けていると、猫が人間の生活に合わせて変化してくれることもあるようです。人間は朝から夜の起きている間しかごはんをくれない、ということを学び、それ以外の時間は起きていても無駄ということを学習した結果とも言われています。人間も猫も少しづつお互いの生活を摺り寄せて仲良く暮らしていけたらいいですね。

関連記事一覧