猫の顔

猫の目やにの対処法!目やにが出る代表的な病気と原因

猫の飼い主さんはご存知かと思いますが、猫が目やにを出すのは比較的良くあることです。顔を見ればすぐわかる症状ですので、頻繁に目やにを出す猫を見慣れている飼い主さんはいつものことだとあまり気にしなくなることもあるようですが、実は放っておいてよい目やにとそうでない目やにがあるということはご存知でしょうか。猫の目やに、についてまとめます。

なぜ猫は目やにが出るのか

猫の顔

なぜ猫は目やにが出るのでしょうか。目やにの正体は涙の成分の老廃物と目に入ってきたゴミなどが混ざったものです。これは人間も猫などの動物もそうですが、涙は目の表面を覆っていて、瞬きをするたびに目の表面をきれいに洗い流して目を乾燥から守ったり保護したりする大事な役割を果たしています。それが寝ている間は涙が外に排出されず溜まってしまうので、固まって目やにとして出てきてしまうのです。

大丈夫な目やにとそうでない目やにを見分ける

猫の顔

上記の目やには、生理的現象のひとつとしてなんら問題ない目やにです。赤黒かったり茶色い色をしていて、最初は血のかたまりかとビックリするかもしれませんが老廃物の痕跡なので心配いりません。特に朝起きぬけによく目やにをつけていることがあります。逆にそれ以外の目やには何かしらの問題があることがあります。例えば、ねばねばしていたり、白や黄色、緑っぽい色の目やにを出しているときは要注意です。

何かしらのウイルスや細菌に感染している場合があります。場合によってはすぐに病院に連れて行った方が良いでしょう。また、片目だけ目やにを出している場合も何らかの問題がある可能性があります。よくあるのが、片目だけ傷つけてしまって角膜炎を起こしているなどです。両目いっぺんにケガすることは少ないと思われますので、両目から目やにを出している場合はなんらかの病気の可能性が強いです。

目やにが出る代表的な病気、原因とは

目やにが出る原因としては結膜炎であることが多いです。ただし、結膜炎になる原因としては多種多様考えられます。その原因次第によっては早急な対応が必要ですし、猫の命に関わることもまれにありますので、結膜炎程度、と考えることなく慎重に対応しましょう。人間でも結膜炎になると目やにがでたり充血などと言った症状が出ますが、猫も結膜炎になりますし、同じようにかゆみや痛みなどの症状が起こります。

そこから重症化する原因としては、かゆくてかいてしまって角膜に傷をつけてしまって角膜炎を起こしたり、そこから細菌が入って重症化したり、ということがあるからです。そもそもの結膜炎の原因としては、様々なウイルス感染症(猫ウイルス性呼吸器感染症・猫カリシウイルス感染症・ヘルペス・マイコプラズマ・クラミジアなど)がきっかけであったり、なんらかのアレルギー症状の表れであったり、様々です。

主に目薬で治療することになりますので病院に連れて行ってください。感染性のウイルス性結膜炎だった場合は消毒など必要ですし、他の猫を飼っている場合は隔離が必要ですので、そういう意味でも早めの受診をお勧めします。

目やにの対処法

猫の顔

<目やにを取ってあげる>

例え目やにが特に問題ないものであったとしても、放置しておくと固まってしまい目が開きづらくなったりしますので、飼い主さんは気付いたら目やにを取ってあげるようにしましょう。人間が無理矢理に指で取ろうとするのは猫の目を傷つける可能性があるので良くないです。ぬるま湯で濡らしたティッシュやガーゼ、あるいはウェットティッシュで優しくふき取るようにしましょう。嫌がられないためには猫がリラックスしているタイミングを狙うのがコツです。

マッサージしてあげたりブラッシングしてあげたりして、猫がいい気分になっているときに手早く差してあげるようにすると良いでしょう。ウェットティシュはペット用として売られているものでしたらノンアルコールのはずなので猫の目に染みず安心です。目やには時間が経てばたつほど固まってこびりついてしまい取りにくくなるので、気付いたら早めにとってあげるのが良いでしょう。

<目薬の差し方>

目やにについて治療が必要な状態だった場合、多くの場合は目薬を使うことになります。人間もそうですが、目に物が近づいてくるのは怖いですよね。猫に目薬を差すときも、目薬の容器が目に近づいてくるのを猫に見られてしまうと怖がられてしまいますので、猫の視界に入らないように猫の頭の後ろから目薬を差すようにすると比較的上手く行くようです。難しいですが、目薬を怠ることで治りが遅くなったり視力に影響が出ることもありますので、飼い主さんは試行錯誤して頑張って下さい。

目やにが出ないように予防するには

生理的な目やにに関しては、これはどうしようもありません。飼い主さんは毎日の目やにとりが負担になることもわかりますが、頑張ってこまめに取ってあげてください。それ以外の目やにに関しては、予防できるものもあります。結膜炎を引き起こす原因になるいくつかの感染症に関しては、ワクチンを接種することで防ぐことができるものもあります。一般的に猫風邪と言われる猫の感染症があります。引き起こすウイルスは主に猫カリシウイルス、ヘルペスウイルス、クラミジアの3種類です名前のとおり猫に風邪のような症状を引き起こし、目やにも出ることがある病気です。

しかしこれはワクチン接種で予防できる病気です。混合ワクチンがありますので、母猫からの抗体が薄れる時期の子猫のうちに接種しておくと安心です。一度感染するとキャリアとなり、体力が落ちたときに再発する可能性のある病気でもあり、重症化すると結膜炎にとどまらず命に関わることもある病気ですので、予防できるならしておくに越したことはないと思います。

まとめ

猫顔

忙しい飼い主さんは目やに程度で病院に連れて行くなんてできないと思われるかもしれません。ですが、野良猫を保護した場合目やに、充血、流涙など目に問題を抱えている猫は本当に多いのです。それだけ起こりやすい症状なのだと言えます。特に抵抗力の弱い子猫は目やに程度と軽く考えない方が良いでしょう。軽いうちに対処すればなんでもないものでも、放置することで目やにが固まって目をふさいでしまうとのちの視力に影響が出たり、よく見えないことで危険な目に合うことも増えてしまいます。猫の快適な生活のために、普段から目やにの状態を意識できれば良いですね。

関連記事一覧