猫と餌

猫がご飯を食べてくれない3つの理由

猫のご飯でお悩みを抱えていませんか?ただの好き嫌い?それとも何か病気?と気になることはあるものの一見元気に過ごしているようにも見えるのが猫です。愛猫の食事、食欲に気になることがある場合、どう対処したらよいのかをアドヴァイスさせていただきます。

猫は動物界一のグルメな動物

猫が餌を食べる

猫と言えば気まぐれ、好き嫌いが多い、食べものへのこだわりが強い・・・など食べものに関して如何に気難しいかがたびたび話題になります。実はこの猫の習性は決して単なる猫のわがままな性格に由来しているわけではありません。猫は野生の環境を生き抜くにはあまりに体が小さく、か弱い動物です。そのため少しでも危険を避け暮らすために、食べものを厳しい基準で判別する能力が身につきました。同じペットである犬と猫はたびたび比較されますが、犬は腐食性の動物であり、腐った肉であっても目の前にあれば完食をします。

しかし猫は非腐食性の為、腐った肉には顔を近づけることさえせずにその場を立ち去ります。見向きもしない猫の態度を見て気位が高い、わがまま、贅沢と言われることもありますが、この能力が猫を守ってくれているのですから仕方がないでしょう。猫がご飯を食べてくれない、有名なキャットフードでも口をつけないという場合はきっとこの食性、能力から判断をして拒絶すべきという意識が働いたのでしょう。

キャットフードを食べ飽きてしまう理由は風味の無さが原因

猫と餌

毎日同じキャットフードではたべ飽きてしまう、数週間同じキャットフードが続くと食べ残すことが多くなる・・・こんな気まぐれぶりを感じた事はありませんか?実はこの行動は猫の単なる気まぐれではありません。猫の食欲は食べ物の風味に刺激を受けることで沸き起こります。キャットフードはパッケージを開封すると途端に風味が消滅し、室内の湿気を吸収しカビ臭く劣化してゆきます。

もちろん人間の嗅覚ではその変化に気が付くこともないほどの変化です。でも猫の優れた嗅覚ならこの変化をしっかりと見極めることが出来、食べるべきではないと判断を下します。キャットフードは、開封後は密閉できる容器に移し変えて湿気の少ない場所で保管しましょう。開封後の保管期間は一か月が目途です。大容量での購入の方が割安にはなりますが、開封後の品質維持の面から一か月食べきり量を目途にした購入がおすすめです。

消えてしまった風味を復活させる簡単な方法

まだ食べきらないキャットフードがたくさんある、密閉容器に入れ保管をしていても食べ残しが改善されない場合でも簡単な方法で本来の風味を取り戻すことが出来ます。ドライフードの場合は、ぬるま湯をかけ軽くふやかしてあげましょう。こうすることで素材の風味が引き出され、食欲を刺激することが出来ます。
ウエットフードの場合も同様です。一食分を小分けにしたうえで、電子レンジで加熱しましょう。

猫が食べやすい温度まで粗熱を取り、与えましょう。ドライフードの加熱したウエットフードを混ぜても同じ効果を引き出すことが出来ます。キャットフードの銘柄自体を切り替えなくても、この方法なら食欲を改善することが簡単にできるます。

口内のトラブルがないかも確認!意外に多い猫の口内炎

猫

猫の食欲不振の原因が実は口内トラブルにあったということも多々あります。目新しいキャットフードに切り替えたり、風味の強いキャットフードを用意してもまるで関心を示さない場合、関心を示しはするものの口をつけない、食が進まない場合は、食べたいという意識はあるものの食べることが出来ないのかもしれないのです。猫の病気の1つに口内炎があります。口内炎は口の奥、歯の裏側に出来ることもあり外見からは見つけることが出来ません。猫の口を大きく開け確認をし始めて気が付くことが出来ます。

口内炎が出来ると些細なことでも、水を飲むだけでも痛みを感じることがあります。当然この状態では固形フードを食べることも出来ず、食欲はあっても口をつけることが出来ません。単なる気まぐれだと思っていたら、口内炎だったというケースはたびたびあります。その上口内炎は治療が遅れると内臓にまでダメージが及ぶこともあるので、早期治療が必要です。治療は数週間の服薬で完治することが多く、早期治療であれば完治できます。

缶詰派の猫は歯垢や歯石も確認を

日ごろ缶詰やウエットフードを主食としている場合、2,3歳を目途に歯垢や歯石の付着が深刻化することもあります。歯垢や歯石は日々微量ずつ蓄積されてゆき、2,3年をかけて目に見える症状が現れ始めます。猫の口内を確認した時に、歯の根本が

・薄い茶色の膜で覆われている
・歯の表面が歯垢で段差になっている
・歯が緑色に変色している

このような症状がみられる場合は早急な治療が必要です。治療法は全身麻酔を行い歯垢や歯石を除去する方法が一般的です。歯を一旦全てクリーニングすることで健康な状態にリセットします。歯茎に腫れがある場合や歯肉炎を起こしている場合は痛み止め、化膿止めの服薬が必要です。ただこれらの処置で口内のトラブルを改善することが出来れば、辛い痛みからも解放され無事いつも通りの食事が出来る様になります。

下痢、鼻水、咳など別の症状がみられる場合は要注意

猫

もし食欲不振に加え、下痢や嘔吐、鼻水、咳など別の症状がある場合は早急に動物病院を受診しましょう。猫は体調不良を感じると体を丸めうずくまり眠る時間が長くなります。じっとして過ごすこと体力の消耗を防ぎ、体が自然と回復することを待つのです。ただ必ずしも不調が自然回復出来るとは限らない上に、食が進まないようでは十分な回復も見込めません。動物病院には様々な場合を想定して流動食や高カロリー栄養剤、療法食などの準備も整っているので気になる症状は早期に相談をしましょう。

まとめ

猫が寝ている

猫の食欲不振はたびたび愛猫家の間で話題になります。中にはただの贅沢、わがままと笑い話で終わることもありますが、時には深刻な病気を抱えていることもあります。改善する傾向がみられない場合、家族が不安を感じる場合は早急に動物病院を受診しましょう。

関連記事一覧