猫 キャットフード食べる

猫に欠かせない大切な栄養は「動物性たんぱく質」

猫の好物といえば魚と誰もが思い浮かべるでしょう。でも実はこれは島国である日本だからこそ広まった定説だと言われています。実は猫は犬以上に明確な肉食動物です。日々の食事からは良質な動物性たんぱく質をふんだんに摂取することがかかせません。猫の栄養学を正しく理解し、健康維持につながる食生活を送らせてあげましょう。

猫は動物界きってのグルメな動物

猫 ご飯食べる

実は魚好きと誰もが思う猫は完全な肉食動物です。一方の犬は肉食よりの雑食動物です。例えば野生の環境で鶏を捕まえた場合、猫は美味しい肉の部分だけを食べ、その他の部分を食べ残してその場を去ってしまいます。しかし雑食性である犬は肉だけでなく骨や皮、未消化の穀物が残った内臓までも全て完食するまでその場で食べ続けます。人間と共に生活をするようになってからも猫は与えられた残飯のうち自分が美味しいと感じるものだけを選び出し食べてゆきます。

この点も猫が魚を食べ残さないので、魚好きと言われるきっかけになったとされています。その中でも魚は全てがたんぱく質で肉食の性質に合っていることから食べ残すことをせずに完食をします。一方の犬は肉だけでなく白米も麦も野菜もどんなものでも構わずに完食をします。しかし今や日々一緒に生活をしていても、食事は市販のフードを与えているという場合この点をあえて気に掛けることはあまりないでしょう。

実は市販のフードに肉や魚は入っていない

 

猫 キャットフード食べる

実は猫の大好物で毎日美味しそうに食べてくれる市販のキャットフードには肉食性の猫が最も多く必要とする動物性たんぱく質が配合されていないことが多々あります。肉や魚といった高価な原材料を用いる代わりに大豆やトウモロコシの茎や皮、芯などが用いられているからです。もちろん肉食性の猫にとってこれらの原材料は美味しいとも食事とも認識出来るものではありません。

でも人工的にこれらの素材に肉に似た風味や魚に似た風味をつけることでまるで肉や魚だと錯覚をさせ食欲を刺激することは可能です。この方法なら安価な原材料で美味しいと喜ばれる製品を作り出すことが出来ます。まずは自宅にあるキャットフードのパッケージを確認してみましょう。パッケージが手元にない場合は発売元のHPを見ると製品ごとに原材料が紹介されています。

市販のキャットフードのパッケージには必ず原材料表記の欄があります。この欄には使用されている全ての素材を明記することが法律で義務付けられています。その上、記載する原材料は配合量が多いものから順番に記載するという点も決められています。もし先頭に記載されている項目が「トウモロコシ」や「大豆」であればその製品の大半はそれらの穀物で作られているという事を意味しています。

また肉や魚に関する表記がない場合、その製品には肉や魚そのものは配合されておらず「風味」だけが付けられているという事です。愛猫が毎日どんな食べ物を食べているのか?肉食動物らしい食生活を送れているのか?動物性たんぱく質を十分な量摂取出来ているのか?まずは確認してあげましょう。

必須栄養素であるたんぱく質には動物性と植物性とがある

子猫 キャットフード

猫も人間同様にたんぱく質が必須栄養素です。この必須栄養素とは日々健康的に生活を送るうえで欠かせないという意味です。しかし実はたんぱく質には動物性と植物性の2つの種類があります。動物性とは肉や魚から摂取する栄養素です。植物性とは大豆などの植物から摂取出来、人間の場合は豆腐や納豆として摂取が出来ます。同じたんぱく質ですから肉食性動物の猫が必要としているのは動物性たんぱく質です。

人間の場合は動物性たんぱく質に含まれる脂肪を敬遠するためによりヘルシーな植物性をあえて摂取することもありますが猫の場合はその必要はありません。
ドッグフードを製造するうえで、肉や魚を原材料として使用するには当然高額な費用が必要になります。しかし大豆なら人間用食品を製造する過程で生じる廃棄部分をドッグフードに転用することも出来、安価に製造が可能です。

そのためあえて植物性たんぱく質を配合する製品もありますが、このような製品を長期間に渡って猫に与え続けることで猫は必須栄養素の欠乏状態を起こしてしまうことになります。毎日摂取すべき最も大切な栄養素が欠乏するという事は様々な不調が起こる原因にもなるので、この点はしっかりと確認し愛猫に必要な栄養素がきちんと配合されているキャットフードを選んであげましょう。

猫の必須栄養素不足は万病の元

猫 ご飯食べる

動物性たんぱく質が欠乏してしまうと

・内臓疾患
・皮膚トラブル
・肥満
 ・骨格形成異常

など様々な不調が起こる原因にもなります。不足している動物性たんぱく質をごまかすために用いられる素材は決して猫の健康に好ましいものばかりではありません。中でも「動物性油脂」という原材料には注意が必要です。この言葉は動物という言葉が付くので肉や魚と勘違いされてしまいがちですが決して肉や魚ではありません。油脂という言葉があるように人間の食肉を加工する過程で生じる脂肪分を意味しています。

脂肪は大量に生じますが食卓に並ぶ部位ではないので当然廃棄されてしまいます。しかしこの脂肪を解かしトウモロコシや大豆に混ぜ合わせることでまるで肉や魚に似た風味に仕上げることが出来るのです。そのため肉や魚そのものを配合していない製品の多くはこの動物性油脂を配合し風味をつけ、食欲を刺激する手法を用いています。

もちろん過剰に配合されて脂肪分が猫の健康に好ましい事はありません。この成分が原因で肥満やアレルギー、消化不良が起こることも多々あります。
日々の食事を美味しそうに食べている理由は本当に美味しいからではなく、人工的に風味付けされたことで錯覚を起こしているにすぎないこともあるのです。

■まとめ

猫

猫は単に魚が好きなだけでなく、完全な肉食動物です。肉食動物は日々の食事から肉や魚といった動物性たんぱく質をふんだんに摂取する必要があります。この肉や魚が実は飼い主の知らぬ間に不足していることも多々あるので、まずは愛猫のご飯をきちんと確認してあげましょう。

関連記事一覧