猫に薬投与

上手に薬を飲んでもらう方法!薬ごとの正しい対処法と注意点

猫と一緒に暮らしていると、飼い主さんは、どうしても薬を飲ませなければならない状況を経験します。猫に多い慢性腎臓病のような、治癒することのない病気の場合、猫は一生薬を飲み続けなければなりません。でも、薬が好きな猫なんて、あまり聞いたことがありません。猫になるべく辛い思いをさせずに、上手に薬を飲んでもらうための方法について考えてみましょう。

飼い主さんが避けて通れない投薬

猫薬

猫との生活が長くなればなる程、猫が病気に罹ったり怪我をしたりする事が増え、その都度猫に薬を飲んでもらわなければならない状況になります。猫にしてみれば、飼い主さんからであっても、押さえ込まれて無理矢理口をこじ開けられて苦い薬を飲まされるのは、怖いし嫌なことです。当然、猫は必死に抵抗します。投薬は、猫にとっても飼い主さんにとっても、ストレスが溜まる行為以外の何物でもないというのが、正直なところなのではないでしょうか。

薬を上手に飲んでもらう方法

猫に薬投与

どんなに猫が嫌がったとしても、薬を飲んでくれれば楽になるのは猫自身です。猫のためにも、なるべくストレスなく上手に薬を飲んでもらえるようにしたいのが、飼い主さんの心境のはずです。では、どうすれば少しでもストレスなく薬を飲んでもらうことができるのでしょうか。薬のタイプ別に、上手に薬を飲んでもらう方法を考えてみましょう。

液剤

筆者の経験上、最も猫に飲んでもらいやすいのは液剤です。液剤を飲ませるための準備は、シリンジです。シリンジとは、注射針が付いていない状態の注射器本体のことで、液剤の箱の中に専用のシリンジが入っているか、または薬と一緒に病院から貰えると思います。液剤を飲んでもらうための手順は下記の通りです。

(1) シリンジに、処方された液剤を処方された量だけ吸い上げます。
(2) 猫を机の上に伏せさせるか、または抱きかかえて猫が自由に動けないように保定します。どうしても逃げたり抵抗したりするような場合は、首から下をタオルでくるんでください。
(3) 利き腕と反対側の手で、猫の頭を目の後ろあたりから口にかけて包むように顔を保定します。
(4) 顔を保定している手で頬骨をしっかり指で押さえます。
(5) 利き腕の方でシリンジを持ち、シリンジの先を、犬歯(前方にある牙のような歯)と前臼歯(犬歯のすぐ横から奥に向かって並んで生えている歯)の間の隙間に挿入します。
(6) シリンジの先を喉の奥の方向に向けて、ゆっくりと少しずつ液剤を流し入れます。一度に大量の液剤を入れるとむせてしまいますので、猫の様子を見ながら少しずつ何回かに分けて飲ませてあげましょう。

特に、粘性のある液剤や酸味のある液剤は猫にとって飲み込みづらいようです。投薬時間が短い方がストレスは軽減されますが、最初は本当に少量ずつ飲ませるようにして、段々と愛猫にとっての適量をみつけてあげてください。また、口の中の液剤をしっかりと飲み込んだことを確認するまでは、続きの投薬は待ってあげましょう。病状によっては、猫は飲み込むことにも必死に努力を要する場合もありますので、焦らせるのは猫にとってとても辛い思いをさせることになりかねません。

粉剤

粉剤を水に溶かしてシリンジに吸い上げたら、後は液剤と同様の方法で飲ませてあげます。なかなか錠剤を上手に飲めない猫の場合は、病院に頼んで錠剤を粉剤にしてもらうこともできますので、獣医師に相談してみてください。粉剤は耐水性の紙で包まれていることがほとんどですので、包み紙の端を切り、そこから適量の水を入れれば薬のロスを最小限に抑えて水に溶かすことができます。また、複数の粉剤が処方されている場合、獣医師に確認し、混合して飲ませても良い場合は、お皿等の器に複数の粉剤を出して水に溶かすと、複数種類の薬を一度に飲んでもらうことができます。こうすることで投薬時間を短縮でき、猫へのストレスも軽減してあげることができます。ただし、錠剤は苦いものが多く、猫は苦味を苦手としています。あまりにも苦味が強い錠剤の場合は、粉剤にしてもらうのではなく、錠剤の形で飲ませてあげる方が、猫にとっては結局ベストな方法と言えるでしょう。

錠剤

筆者の経験上、錠剤を飲んでもらうのが一番難しいです。用意するのは、やはりシリンジです。錠剤を飲んでもらうための手順は下記の通りです。

(1) シリンジに、水を適量(1〜2ml程度)吸い上げます。
(2) 猫を机の上に伏せさせるか、または抱きかかえて猫が自由に動けないように保定します。どうしても逃げたり抵抗したりするような場合は、首から下をタオルでくるんでください。
(3) 利き腕と反対側の手で、猫の頭を目の後ろあたりから口にかけて包むように顔を保定します。また、利き腕の親指と人差し指の先で、錠剤をつまみます。
(4) 顔を保定している手で頬骨をしっかり指で押さえ、猫の顔を上に向けさせ、そのまま固定します。
(5) 利き腕の中指で、下顎の切歯(左右の犬歯に挟まれている小さい前歯)を引っ掛け、下側に大きく口を開かせます。
(6) しばらく下顎を閉じたり開いたりしようとしますが、タイミング見計らってしっかりと開かせたら、そのまま持っている錠剤を猫の舌の奥(喉)に落とします。
(7) 錠剤を落としたら、すぐに下顎を閉じ、再び口を開かないようにしばらく押さえたまま、喉をスリスリと撫でます。しばらく撫でていると、猫が喉をごくりとさせたり、舌を出したりするので、液剤を飲ませるときの要領で、シリンジで水を少し飲ませます。

時々、錠剤を飲み込んだと見せかけて、実は口唇の裏側に錠剤を隠しておき、飼い主さんが目を離した隙に錠剤をペッと吐き出す場合がありますので、しばらく様子を観察した方が良いでしょう。

目薬を上手に点眼する方法

猫に点眼

投薬で難しいのは、飲み薬だけではありません。目薬も、猫や飼い主さんにとってストレスになります。では、点眼についても考えてみましょう。

液剤

液剤を点眼する場合の手順は下記の通りです。

(1) 猫を机の上に伏せさせるか、または抱きかかえて猫が自由に動けないように保定します。どうしても逃げたり抵抗したりするような場合は、首から下をタオルでくるんでください。
(2) 利き腕と反対側の手で、猫の頭を後ろから包むように顔を保定し、上を向かせます。
(3) 利き腕で点眼薬の瓶を持ち、顔を保定している手の指と点眼薬の瓶を持っている手の指または掌の両手を使って、点眼したい側の目を開かせます。
(4) 点眼薬の瓶の先が目につかないように少し離れたところから、点眼薬を1滴垂らします。
(5) 飼い主さんの手で、点眼した目を何度か閉じたり開いたりして、点眼薬を目の全体に行き渡らせます。
 (6) まぶたについてしまった余計な点眼薬は、拭き取ってあげましょう。

軟膏

軟膏の場合は、綿棒を用意します。目薬が軟膏の場合の手順は下記の通りです。

(1) 綿棒の先に、軟膏薬を1〜2mm程度塗っておきます。
(2) 猫を机の上に伏せさせるか、または抱きかかえて猫が自由に動けないように保定します。どうしても逃げたり抵抗したりするような場合は、首から下をタオルでくるんでください。
(3) 利き腕と反対側の手で、猫の頭を後ろから包むように顔を保定し、少し上を向かせます。
(4) 利き腕で綿棒を持ち、顔を保定している手の指と綿棒を持っている手の指または掌の両手を使って、点眼したい側の目を開かせます。
(5) 開いた目尻の縁の裏側に、綿棒の先の軟膏を付けたら素早く目を閉じたり開いたりさせて、軟膏を目の全体に行き渡らせます。
 (6) まぶたについてしまった余計な軟膏は、拭き取ってあげましょう。

綿棒を使わずに、軟膏が入っている器の先で直接点眼することもできますが、筆者は衛生面を考えて綿棒を使っています。

どうしても上手に飲んでもらえない場合

猫

投薬は、猫にとっても飼い主さんにとっても気持ちの良い作業ではありませんが、慣れてくるとだんだんと上手に飲んでもらえるようになります。しかし、どうしても上手に飲んでくれない場合もあるでしょう。そんな時の工夫点について、考えてみましょう。

薬の苦味を緩和させる工夫

おそらく、猫が一番嫌うのは苦味等の薬の味だと思われます。そのため、猫に薬を飲んでもらうための製品がいくつか市販されていますので、どうしても上手に薬を飲んでくれない場合は、それらの製品を試してみると良いでしょう。市販されているのは、固形の餌の中に錠剤を包み込んで食べさせるタイプのものや、クリーム状のものに粉剤を混ぜて上顎に塗りつけるといったもの等があります。また、投薬のための製品ではありませんが、猫がよく好んで食べる、液状タイプのおやつや缶詰等に粉剤を混ぜて食べさせるというのも効果があります。ただし、食欲が落ちてしまい、あまりご飯を食べてくれなくなっている時や、あまりにも薬の苦味が強い時には、餌に混ぜる系の工夫はあまり役に立たないので、注意が必要です。あまり食べないことを見越して、ごく少量の餌に混ぜる等、状況に応じたさらなる工夫が必要です。

口を開けてもらえない場合の工夫

猫がどうしても口を開けてくれないので錠剤を口の中に落とせないとか、錠剤を口の中に落とす時に猫が口を閉じてしまい、指を犬歯で傷つけてしまって飼い主さんが怖いなどの場合もあるでしょう。そのような時には、猫に錠剤を飲ませるための器具が市販されていますので、それを利用することを考えてみてください。病院で相談すれば、色々と紹介してくれると思います。ピルガン、ペットフィーダー、投薬器等のキーワードで検索すると、通販サイトでも購入できます。ただし、猫がその器具を見ると逃げ出したり、器具を見てさらに緊張したりすることも考えられますので、なるべく自然体で短時間に飲ませてあげられるように、色々と工夫したり練習したりしてあげてください。また、飼い主さんが真剣に、でも黙々と投薬をすると、猫は何をされるのかとビクビクしてしまうかもしれません。

筆者は、猫に薬を飲んでもらう時には、必ず「これは腎臓を治す薬だよ」とか「これは腸の働きを助けてくれる薬だよ」とか「後3回位で飲み終わるからね、頑張ろうね」のように猫に何の薬なのかとか、どの位の量が残っているのか等を説明しながら飲んでもらっています。効果の程は分かりませんが、怖い顔をした飼い主さんから黙々と薬を飲まされるよりも、飼い主さんから話しかけられている方が、猫も少しは気持ちが静まるのではないでしょうか。

投薬に失敗した時の注意点

猫

錠剤のところにも書きましたが、猫が飲んでくれたと思っていたのに、知らないところで錠剤を吐き出していたり、投薬してすぐに嘔吐してしまったりと、投薬に失敗してしまうこともままあります。錠剤がほとんど原型のまま吐き出された場合は、新しい錠剤を再度投薬できますが、どのくらいの薬がちゃんと体内に残っているのかがわからないような状況の場合は、飼い主さんの自己判断で勝手に追加投薬してしまうのは、危険です。薬には副作用もありますので、獣医師と相談した上での追加投薬以外は、決して勝手に薬を増やしたり減らしたり、またやめてしまったりすることはしないでください。

投薬のストレスをできるだけ少なくしてあげよう

猫

動物病院の獣医師や看護師の方達も、飼い主さんが投薬にとても苦労していることは承知してくれています。どうしてもうまくいかないとか、投薬する際に疑問に思っていることがある場合は、遠慮せずにどんどん相談してみましょう。場合によっては、獣医師や看護師立会いの元で、投薬の練習をさせてくれる場合もあります。そうでなくても体調を崩して調子が悪い猫に、少しでもストレスを軽減してあげ、また長く続く看護に疲れている飼い主さんも、できるだけ少ないストレスで投薬できることで、お互いに気持ちよく闘病できるように頑張りましょう。

関連記事一覧