猫

猫の室内飼いの行動範囲とは〜ドアの開け閉めどうしていますか〜

猫と一緒に暮らしているので、家中のドアは開けっ放しという方、多いのではないでしょうか。しかし、家族でもプライベートは確保したいとか、家が広いのでそうもいかないということもありますよね。そんな時に考えたいのが猫用のドアです。賃貸住宅の場合でも設置可能なタイプもあり、一考の余地ありです。

ペットドアは猫のための部屋作りの第一歩

猫

筆者が猫と一緒に暮らし始めて真っ先に変わったのは、家中のドアを開けっ放しにするようになったことでした。幸い筆者と同居しているのは猫たちだけで、他に人間はいませんし、部屋自体も狭かったため、それで何の支障もありませんでした。しかし、複数人が同居している場合にはプライバシーの問題がありますし、少し広い部屋の場合は冷暖房の効率を考えて、玄関から寝室まで全てのドアを開け放したまま生活するのは、非現実的だと言えるでしょう。そこでまず猫用に家を改善しようと思いつくのは、扉を閉めていても猫が自由に出入りすることのできる猫用ドアの設置ではないでしょうか。今回は、猫用のドアについて、種類や選び方、設置方法などを紹介します。

猫用ペットドアの種類

猫

猫用のペットドアにはどのようなものがあるのでしょうか。猫は犬と違い、品種による体型の差が少ないため、おおよそ30cm×20cmの扉で、小型犬および猫用という形で販売されています。そのため、そんなに多くの種類がある訳ではありません。大きく分類すると、既存の扉に追加するタイプと、扉をまるごと交換するタイプになります。既存の扉に追加するタイプは、扉や襖、壁をくり抜き、そこにペットドアを取り付ける方式です。中には、網戸用というペットドアもありますので、ベランダや庭に通り抜けさせることもできます。特に扉や襖に取り付ける場合は、普段からDIYで家の家具を作成しているというような方には簡単な作業ですが、DIYに馴染みのない方には、ちょっとハードルが高いかもしれません。既存扉に追加するタイプで、ペットドアが付いた細長いパネルを挟むタイムのものもあります。これは、設置場所が窓(サッシ)や襖に限定されますが、くり抜いて設置する方式よりも簡単に取り付けられますし、賃貸住宅の場合でも設置することができます。

さらに、普通の開閉式の扉の下にシリコンのパッドを貼り付け、扉の上部にシリコンの紐をつけることで、扉をピタッと閉めてしまわずに猫が自由に出入りでき、かつ扉がシリコンの紐により自動的に閉じてくれるという「Yogipet Pet Door」という製品も出ています。並行輸入品のようですが、大手通販サイトで購入することができます。扉をまるごと交換するタイプは、当然ですが既存の扉に設置するタイプよりも高額になります。しかし、既存の扉を取り外してそこにオーダーしたドアをネジで設置する方式なので、既存扉に追加するタイプのドアよりも労力は少なくて済みますし、失敗するリスクも低いと言えるでしょう。もちろん、取り付けも業者に依頼すれば、さらに高額にはなりますが、労力はかからず失敗するリスクも無くなります。またオーダーメイドなので、色々とこちらの要望を聞いていただくこともできそうです。

猫用ペットドアの選び方

猫

ここでは、既存扉に後から追加するタイプのペットドアを中心に、選ぶ時のチェックポイントや注意点を紹介します。

1. サイズ
一般的に、猫は品種による体格の差が少ないため、市販のペットドアは「小型犬・猫用」となっています。しかし、若干ぽっちゃりとした体型の猫である場合は、少し余裕を持ったサイズを選びましょう。体格の大きい品種の猫やぽっちゃりした体型の猫向けに、ラージサイズのペットドアを謳っている製品もありますので、探してみてください。
2. 扉の形状や機能
扉の部材にも色々あり、透明のもの、透けているが色味のついたもの、遮光タイプのものなどがあります。また、上から1枚のパネルになっているものや、真ん中あたりで折れるような形状になっているものもあります。さらに、「一方通行」「自由通行」「封鎖」を切り替えられるドアもあります。お部屋の使い方に合わせて、最適なものを選んでください。
3. 設置場所
これから家を新築する場合は別として、既存の部屋の壁に穴を開けてペットドアを設置するのであれば、壁の中の配線や柱との関係などに配慮する必要があります。よほど専門の知識がある場合を除き、基本は扉、襖、網戸にのみ設置することを考えた方が良いでしょう。また、網戸に設置してベランダに行かせる場合は、ベランダからの落下を防止するネットなどを設置することも考えてください。猫が脱走するリスクもありますし、部屋の階数によっては、いくら猫とはいえ、落下した場合危険です。
4. 工具は事前に準備する
設置するのは襖だから大げさな工具は不要だろうとは思わずに、少し大げさに思えるかもしれませんが糸ノコギリなどをきちんと事前に準備しておきましょう。襖や扉の内側は、薄い板しかない部分と角材がハリとして通っている部分とがありますので、必要になることが多いはずです。
5. 使い方を教えるのは飼い主さん
おそらく愛猫は、飼い主さんが一所懸命に猫用ドアを取り付けている様子を眺めていることでしょう。だからといって、愛猫はそれが自分用のドアだということを理解することはできません。設置後は、ちゃんと飼い主さんが愛猫に使い方を教えてあげましょう。最初は、なかなか理解してくれないと思いますが、時間をかけて何度も繰り返して使い方を教えることで、愛猫はきっとそのドアを愛用してくれるようになるはずです。

愛猫が安心して暮らせる環境づくりも飼い主さんの役目

猫

お金や労力をかけてペットドアを取り付けたくはないが、猫が自由にドアを通れるようにしたいという場合は、ドアストッパーを利用するという方法もあります。ドアストッパーの中には、引き戸を開けさせないようロックすることもできるような商品もあります。猫は、引き戸や襖も器用に開けてしまうので、ロックできるとありがたいという飼い主さんも多いのではないでしょうか。猫と一緒に暮らしているからといって、必ず猫用のペットドアが必要だという訳ではありません。愛猫と飼い主さんの生活スタイル、そして予算に合わせて、便利で役立つ製品を探してみてください。

関連記事一覧