猫 ヒゲ

猫のヒゲに関する基礎知識とヒゲにまつわる話

ある日、床の上に猫のひげが落ちていてびっくりしたことはありませんか。定期的に生え変わる猫のひげは、とても優秀なセンサーであり、かつ猫の多彩な感情を表現するツールでもあります。たかがひげ、されどひげ。今回は猫のひげについて、少し詳しくみていきましょう。

触覚を知覚する優れた猫のひげ

猫 ヒゲ

ひげは触毛といって、触覚を知覚する優れた感覚器です。ひげは、その長い毛先が物に接触すると、テコの作用により表皮下組織でその感覚が増幅されることで、刺激に対する感度が高められる仕組みになっています。また、ひげは長さがあるため、知覚できる範囲も広がります。そして、ひげは感覚器だけではなく、猫の気分をとてもよく表す感情表現にも使われています。今回は、とても便利で重要な感覚器であり、感情表現ツールでもある猫のひげについて、みていきましょう。

猫のひげに関する基礎知識

猫 ヒゲ

顔の複数箇所に生えているひげの先は、顔を一周する大きさの楕円形となるため、猫が、自分が通り抜けられるかどうかの判断に使っているということをご存知の方は多いことでしょう。では、顔のどの部分にひげが生えているのかについては、ご存知でしょうか。猫の顔には、下記の5種類のひげが生えています。

1. 上毛(じょうもう)
左右の目の上に約6本ずつ生えているひげです。このひげが触れると反射的に目を閉じて、目や頭が傷つかないようにします。
2. 頬骨毛(きょうこつもう)
頬骨の上に約2本ずつ生えているひげです。
3. 上唇毛(じょうしんもう)
普通、猫のひげと聞くと真っ先に思い浮かべるのがこのひげでしょう。鼻の脇、唇の上のプックラとした部分(ウィスカーパッド:ひげ袋)に約12〜16本ずつ生えているひげです。左右合わせて24本生えているのが一般的だと言われています。左右のひげの長さを合わせると、猫の体の幅よりも長くなります。
4. 口角毛(こうかくもう)
猫の口角の直線上に約2本ずつ生えているひげです。頬骨毛よりも下、上唇毛より体よりの位置に生えていますが、抜けやすいひげなので、生えていない猫もいます。
5. 頭下毛(とうかもう)
顎の下に数本生えている短いひげです。低い姿勢で歩く際に、地面からの障害物を察知する役割があると言われています。

また、顔だけではなく、前肢の関節の裏側にもひげが生えており、障害物を越えるために役立っていると言われています。猫のひげの太さは体毛の2〜3倍、深さも体毛の3倍あり、ひげの根元には数多くの神経があり、微妙な振動も敏感に察知することができる、とても敏感な触覚器官なのです。それだけではなく、ひげは多彩な感情を表現するツールでもあります。では、このようなひげの役割について、もう少し詳しくみていきましょう。

優秀な感覚器としてのひげ

猫 ヒゲ

ひげの感覚器としての役割をまとめると、下記のようになります。

・空気の流れや周囲の状況を察知するセンサー
ひげが障害物を感知することで、暗闇でも活動できます。また、空気の流れを察知するため、においを運んできた風の方向から獲物の位置を察知します。他にも、音や空気を振動させている音波を察知する、気温や湿度の微妙な変化を察知する等、周囲の状況を事細かく把握できるセンサーの役目をしています。・自分が通れる幅かどうかの判断
前述の通り、顔のひげの先端を結んだ範囲よりも広い場所であれば、自分が通り抜けられる広さであるということを判断します。

・目の保護
猫のひげは反射弓によりまぶたとつながっているので、顔の近くに刺激を感じると反射的に目を閉じる仕組みになっています。そのため、目を保護するのにも役立っています。

感情表現としてのひげ

猫 ヒゲ

猫のひげは、猫の感情を表すツールでもあります。ひげの向きから読み取れる主な感情を、下記にまとめます。

・上向き
ひげが、10時10分の時計の針のように上を向いている場合は、猫が上機嫌な時です。嬉しい、遊んで欲しい、甘えたいというような気分であると思ってよいでしょう。ひげがこの状態の時に、あわせて尻尾がピンと上向きに立っている場合は、子猫が母猫に甘えている時のような気分なので、たくさん遊んであげるとよいでしょう。・下向き
猫のひげがダランと下を向いている場合は、リラックスしているか、退屈しているか、眠い時です。いずれにしろ、身の危険を一切感じていない状態なので、驚かさないようにしてあげましょう。

・前向き
猫のひげが前を向いている場合は、興奮している時です。このような時は、上唇毛が生えているウィスカーパッドの部分が膨れて見えることが多いと思います。獲物を狙っている時や危険を感じて警戒している時、緊張している時など、その対象となる方向に顔を向け、ひげもその方向に向けてセンサーの威力を発揮しようとしているといった感じでしょうか。おもちゃで遊んでいる時にも、ひげがおもちゃの方に向いていると思いますので、よく観察してみてください。

・後向き
逆に、ひげが後ろを向いている、つまり頬に張り付いたような状態の時は、驚いたり怖がったりしています。突然大きな音がしたとか、掃除機をかけている時などにみられるかもしれません。同時に耳も後ろに倒していることが多いと思います。なお、耳を倒すこともなく、深めのお皿に入ったものを食べている時にも、ひげを頬の方に寄せている猫もいるようです。これは、お皿の縁がひげに触るのを嫌っているとか、ひげが汚れないようにするためだと言われています。

ヒゲの寿命

猫 ヒゲ

猫のひげは、半年に1回程度の周期で生え変わります。この程度の頻度で2〜3本抜け落ちているひげをみつける分には、特に心配する必要はありません。それ以上に抜け落ちているようなら、ストレスやニキビダニの寄生が原因かもしれません。また、老化によりひげが短くなることもあるようです。もしもひげを切ってしまうと、猫にとって生きていくために必要な触覚器官を失ってしまうため、障害物にぶつかったりふらふらしたり、暗闇での行動に支障が出たり、狭いところを通れなくなったりと行動に支障が生じ、猫も不安を感じます。そのため、神経質な猫はうつ状態のようになり、じっとうずくまって動かなくなることもあります。決して無理に猫のひげを抜かないようにしましょう。小さなお子さんにも、きちんと説明してひげを抜かせないようにしましょう。

猫のひげにまつわる話

猫 ヒゲ

日本でも海外でも、猫は縁起が良いとされていることが多く、黒猫は厄除け、三毛猫や招き猫は金運をもたらすと言われています。自然に抜けた猫のひげには、金運(日本)、恋愛運(ヨーロッパ)があると言われていて、自然に抜けた猫のひげをお財布や袋、ケースなどに入れて常に持ち歩き、お守りにしている人も多く、専用の保管ケースも市販されています。

尻尾や耳だけではなくひげからも猫の気持ちを読み取ろう

猫 ヒゲ

猫のひげは、とても敏感な触覚器官で、生きていくためになくてはならない大切なものです。たとえ小さなお子さんであっても、無理に抜いてしまったり切ってしまったりしないようにしてあげましょう。また、猫の気持ちを読み取るために、尻尾や耳に注目することが多いと思いますが、ひげも猫の気分をよく表していますので、これからはひげの向きにも注目し、愛猫とのコミュニケーションをより深めてみてください。

関連記事一覧