猫とフード

猫の市販フードの選び方と必要な栄養素とは

愛猫には愛情を込めた手作り食を食べさせたいが、人と同じように考えれば良いの?市販のフードも色々な種類がたくさんあって、何を選べば良いか分からない。そのような、これから猫と暮らす、または暮らし始めたばかりの飼い主さんにも分かりやすく、猫の食べ物についての考え方や選び方をご説明します。

猫に必要な栄養素

猫うつ伏せ

一昔前の猫の食餌(食べ物)と言えば、白いご飯にお味噌汁や鰹節をかけたようなものが当たり前でした。しかし現在は、基本的には人が食べるものを猫に与えてはいけないと言われています。また、素人が作る手作り食は、かえって猫には良くないという話も耳にします。今回は、猫の食べ物について考えてみたいと思います。猫に必要な栄養素とは、何でしょうか。それは、タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、ミネラル、水で、6大栄養素と呼ばれています。私たち人に必要な栄養素は、炭水化物、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンで、5大栄養素と呼ばれています。しかし、人も猫同様に体の大半が水ですので、当然人にとっても水は大切なものです。そう考えると、猫も人も、必要な栄養素は同じだと思えてきますね。

しかし、動物の種類が異なる場合、全く同じものを食べていても、それぞれにとって最もふさわしい食事という訳にはいかないのです。それは、動物の種類によって食性が異なっているため、体が必要とする細かい部分での栄養素が微妙に異なっているからです。人の場合は雑食動物なので、穀物、野菜、魚肉等のさまざまな食材を食べて必要な栄養素をまかなうような体のつくりになっています。しかし、猫は真性肉食動物のため、穀物や野菜を摂取しなければならないような体の作りにはなっていません。また、犬は半肉食動物(雑食に近い肉食)であるため、やはり猫とは異なる体の作りになっているのです。そのため、猫は犬の1.5倍、人の5〜6倍のタンパク質を必要とします。タンパク質に含まれているアミノ酸で、必ず食べ物から摂取しなければならない必須アミノ酸の数も、人は9種類、犬は10種類、猫は11種類と異なります。

また、必ず食べ物から摂取しなければならない脂肪酸も、猫は人や犬よりも種類が多いのです。さらに、人や犬はニンジンなどの野菜に含まれているβカロチンからビタミンAを生成できますが、猫はできません。そのため、ビタミンAを卵黄やレバーなどから直接摂取しなければなりません。このように、猫を健康で長生きさせたいと考えるならば、猫の栄養学をきちんと学んだ上で、食餌を用意しなければなりません。しかし、それでは猫と一緒に暮らしたくても暮らせないという飼い主さんが続出することになるでしょう。現在は、ペットショップやスーパーなどで、簡単に市販のキャットフード(猫のために作られた猫専用のフード)を入手できるので、キャットフードを利用しているご家庭が多いのではないでしょうか。

猫の市販フードの選び方

猫とフード

キャットフードを与えていれば安心であると思ってしまう飼い主さんもいるようですが、キャットフードにもさまざまな種類があります。キャットフードであれば、猫が好むものを好きなだけ与えても良いという訳ではありません。愛猫の健康をしっかりと管理するためにも、飼い主さんは、キャットフードの種類について正しい知識を身につける必要があります。日本で市販されているキャットフードには、ペットフード安全法により、下記の情報の表示が義務付けられています。

・名称
・原材料名
・賞味期限
・製造業者等の名称及び住所
・原産国名

また、ペットフードの表示に関する公正競争規約により、下記についても表示されています。

・適用される犬または猫の成長段階
・目的
・内容量
・給与方法
・成分

キャットフードを購入する時には、必ずパッケージに表示されているこれらの情報を確認した上で購入しましょう。以下に、これらの情報からキャットフードを選択する際に重要なポイントとなる3つの観点をご紹介します。

キャットフードの目的
キャットフードの目的は、大きく5つに分類することができます。下記に、それぞれの目的を説明しますので、愛猫に適したフード選びの参考にしてください。
<総合栄養食>
そのフードを与えるだけで、猫が生活する上で必要となる栄養素がすべて満たされるのが、総合栄養食です。したがって、総合栄養食を主食とし、必要に応じて他の目的のフードを与えるようにするのが、基本的な考え方になります。
<間食>
パッケージには、「間食」「おやつ」「スナック」「トリーツ」などと記載されています。このフードの目的は「おやつ」なので、しつけの際にうまく利用するといった目的で与えます。このフードだけを与えたり、総合栄養食と共におやつを大量に与えたりした場合、栄養バランスが崩れ、また必要な摂取カロリーをオーバーしてしまうことにつながりますので、注意が必要です。「おやつ」は、1日に必要な摂取カロリーの20%以内に抑えるようにしましょう。
<一般食>
これは、嗜好性を高めることが目的のフードで、総合栄養食を主食とするならば、「おかず」のような位置付けのフードになります。そのため、やはりこのフードのみを与えた場合、必要な栄養素が満たされずに体調を崩してしまうことにつながりますので、注意が必要です。いわゆる猫缶は、一般食が多いです。必ず総合栄養食と一緒に与えるようにしましょう。
<栄養補助食(サプリメント)>
特定の栄養成分やカロリーを補完するためのフードです。
<療法食>
病気の治療や予防を目的としたフードです。基本的には、獣医師の処方を元に、動物病院で購入することになります。しかし、現在は大手のペットショップや通販などでも療法食を購入できるようになりました。療法食は特別なフードなので、決して飼い主さんの自己判断では与えずに、獣医師の指導に従うようにしましょう。
キャットフードの形状
キャットフードには、ドライ、ソフトドライ、セミモイスト、ウェットといった形状があります。ドライは水分含有量が10%程度で、だんだん水分含有量が増えていき、ウェットでは75%程度になります。ドライは歯石が溜まりにくいが水分摂取量が少なくなる、ウェットは水分を取りやすく、また味も美味しいと感じる猫が多いようですが、歯石がたまりやすいという特徴があります。猫の好みもありますが、猫の生涯を考え、若い頃からさまざまなタイプのフードを与えることで、どのような形状のフードも食べられる猫にしてあげましょう。そうすることで、将来高齢になったり病気になったりした場合でも、猫がストレスなくフードを食べることができるはずです。
ライフステージにあったフード選び
キャットフードにはそれぞれ目的があり、それに見合ったものを選ぶべきだという話をしました。それと合わせて、愛猫のライフステージにあったフードを選んでください。同じ総合栄養食でも、幼児期、成長期、妊娠期、授乳期、高齢期といったライフステージごとに、必要な栄養バランスや必要カロリーが異なるからです。

人には身近な食べ物でも猫にとっては禁忌な食べ物

猫 果物

ネギ類、チョコレート、ぶどう、アルコール、コーヒー、アワビ、イカ等、人にとっては身近な食べ物でも、猫に食べさせると中毒症状を起こしてしまう禁忌な食べ物が多く存在しています。また、パンや煮干しなど、それ自体で中毒を起こすことはなくても、塩分やミネラル分が多いことで、猫の健康を害する要因となってしまう食べ物も多く存在しています。基本的には、人の食べ物を猫には与えないという考え方をするのが安全です。しかし、猫が何も食べられないような状態に陥った場合、少しでも何か食べてもらいたいという時のために、何か、キャットフード以外でも猫の好物を見つけておくことも、時には必要だと思います。その場合も、獣医師に相談しながら特別な時のご褒美用に少しだけ与えるというような形にとどめておきましょう。我が家では、特別な場合にごく少量の牛乳やマグロのお刺身を与えることがありますが、何かの理由で食欲が落ちた場合の食欲増進剤にもなってくれています。

長い生涯を考えた豊かな食生活

猫がみつめる

子猫の時に偏った食事をさせてしまうと、その猫は偏食になってしまう傾向があります。愛猫が、栄養バランス良く、さまざまなタイプの食べ物を食べられるようにしておくと、長い生涯の中で「よかった」と思える時が来るはずです。そして、それは愛猫の生活の質を高めることにもつながります。愛猫が偏食をせず、またさまざまな形状の食べ物も食べられる猫になるよう、若い頃から意識して食餌を準備してあげると良いでしょう。

関連記事一覧