猫とビニール

猫のビニール袋を好む理由と誤飲した場合の対処法!

猫がビニールを誤って食べてしまうという事故が意外と多いのをご存知でしょうか。便と一緒に排泄されず消化器の中に残ってしまい、重篤な状態になったり死に至ったりということも、決して少なくはありません。ビニール誤飲は飼い主さんの責任です。日頃からしっかりと対策を行いましょう。

日常に潜む誤飲の危険性

猫 ぬいぐるみ

本来猫が食べるべきではないものを飲み込んでしまうことを誤飲といいます。小さなものから比較的大きなものまで、猫はさまざまなものを誤飲してしまうので、飼い主さんは常に注意が必要です。小さなものであれば、自然に排泄されてしまうだろうと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしもきれいに排泄されるとは限りません。消化されずにいつまでも消化器の中に残り、胃腸の粘膜を傷つけたり、ボタン電池のように成分が猫の体内組織を破壊したり中毒を起こしたりする可能性もあります。酷い場合は死に至る可能性もあり、誤飲を軽く考えるのはとても危険です。今回は、誤飲の中でもとても身近にたくさん存在しており、また猫もよく好む傾向のあるビニールの誤飲について考えてみましょう。

猫がビニールを好む理由

猫とビニール

猫と一緒に暮らした経験のある方は、猫がビニールを好んで舐めたりかじったりちょっかいを出したり中に入ったりして遊んでいる様子を見たことがあるでしょう。確かに、ビニールは明らかに猫の食べ物ではないにも関わらず、興味を示す猫が多いのは確かです。なぜ、猫はビニールを好むのでしょうか。第一の理由は、音や形状が猫の狩猟本能を刺激するからです。ビニールを触ると出るガサガサという音や、自在に変化する形状が猫の狩猟本能を刺激し、興味をそそるのです。そして猫は、触るだけではなく、舐めたり噛んだりして興味の対象を確認する習性があるので、食べ物ではないビニールを噛みちぎって誤飲しやすいのだと考えられています。第二の理由は食感です。

ビニール独特の食感が面白くてやめられないのではないかと考えられています。また、ビニールはスーパーの袋や食材の梱包材として使われていますので、美味しそうな匂いや味がついている場合が多く、一度味をしめてしまった猫は、ビニールは美味しいものだと覚えてしまっているのかもしれません。第三の理由は、寄生虫や消化器疾患、ミネラル欠乏症等による内臓の不快感をごまかすためにビニールを飲み込むというものです。第四の理由は、ストレスによる常同行動です。

動物園の檻の中を意味もなくぐるぐると歩き回っている虎や熊、しょっちゅう空気を飲み込んでいる繋がれた馬などをみかけたことはありませんか。これらの行動は、ストレスが原因で生じている常同行動というものです。完全室内飼いで単頭飼い、しかも飼い主さんが1日の大半を仕事等で留守にしているような環境の場合、猫がストレスで家の中にあるビニールを噛みちぎり飲み込んでしまうということがあります。

これらの理由から、ビニールの誤飲を予防するためには、下記のような対策が有効です。
・猫の手の届くところにビニールを置かない
・おもちゃを使い、毎日擬似的な狩猟遊びをたっぷりさせる
・栄養バランスのとれた食餌を与える
・寄生虫の駆除対策を行う
・フードをかみごたえのある素材のものに変える

猫がビニールを誤飲した場合の対処法

猫 ぐったり

ビニールを飲み込むことで起こりうるのは、呼吸困難、胃炎、腸閉塞です。飲み込んだビニールがそのまま便と一緒に排泄されたり、猫が自力でうまく吐き戻せたりすれば良いですが、運悪く体内のどこかに留まってしまうと、上記のような症状になってしまい、取り出すためには開腹手術が必要な場合もあり、また最悪の場合は命を落としてしまうこともあり得ます。そのため、ビニールを誤飲したことが分かった時点で、すぐに動物病院に連れて行くというのが基本です。ただし、飼い主さんがパニックになってしまっては意味がありません。本当に飲み込んだのか、量はどのくらいか等を冷静に確認し、飲み込んだビニールの残っている部分を一緒に持って行って説明できるようにしましょう。

また、飲み込んだ後の猫の様子もきちんと観察し、獣医師に説明できるようにしておきましょう。これらの情報が、獣医師の診断にとても役立ちます。もちろん、飲み込んだ瞬間を目撃していないことの方が多いでしょう。その場合も、周囲の状況からできるだけ事実を推測し、飲み込んだ時間や量、どのようなビニールかといったことを説明できるようにしておきましょう。また、気づいたのが病院の休診日や時間外だった場合も、病院に電話をしてみると良いです。留守電を聞いて掛け直してくれる病院や、夜勤の先生が電話で対応してくれる病院もあるからです。

もちろん、電話に出てもらえない場合もありますので、動物病院の休診日や時間外にも診てくれるような救急センターが居住地域内にあるかどうかを調べておき、いつでも電話で相談できるように準備しておくと安心です。なお、気づいたらお尻からビニール紐や糸のようなものがぶら下がっていたような場合は、引っ張って抜こうとしてはいけません。腸を傷つけてしまう可能性があるためです。その場合も、動物病院に電話で相談をするのが良いでしょう。

誤飲を疑うべき症状

猫

愛猫が異物を誤飲する現場を飼い主さんが目撃する機会は少なく、知らない間に誤飲していることの方が多いと思います。ビニールだけとは限らず、異物を誤飲してしまった場合に起こりうる症状を下記に挙げますので、判断の参考にしてください。

・繰り返し口を開けたり閉じたりしている
・吐こうとしているが吐けない(胃液しか出ない)
・ぐったりとして元気がない
・食欲がない
・呼吸が苦しそう
・チアノーゼを起こしている(舌や歯茎が青紫色に変色している)
・便が出ない、または下痢である
・お腹を触ると嫌がる
・徐々に痩せていく(*1)

*1:数年前に誤飲したビニールが胃の中に残っており、弱い胃潰瘍を慢性的に起こしてしまい、他に目立った症状のないまま徐々に痩せていったというような症例もあるそうです

ビニール等の誤飲は飼い主さんが予防しよう

猫とビニール

身の回りや猫の手が届く場所にビニールを置かないのが一番確実な予防法です。危険を冒してまで、わざわざビニールやビニール製品を猫の生活空間においておく必要はありません。猫が嫌うにおいのスプレーも市販されていますが、猫によってはあまり効果がありませんので、とにかく猫の生活空間にはビニールを置かないのが一番です。また、ビニール紐の切れ端や糸、髪の毛などが床に残っていないように、こまめに掃除を行いましょう。また、同じ理由で猫のおもちゃも遊び終わったら必ず猫の手の届かない場所にしまうように習慣づけましょう。猫の異物誤飲は、飼い主さんの責任です。日頃からしっかりと注意し、危険なものを出しっぱなしにしないようにしてください。

関連記事一覧