猫 寝る

【猫に多い悪性腫瘍】扁平上皮がんとはどのようながんなのか?【症状・治療・予防まとめ】

猫に多い悪性腫瘍の一つである扁平上皮がん。現在わかっている原因と予防策や、症状、治療などについてまとめました。重要なのは早期発見による早期治療です。日頃から愛猫のケアをしっかりと行い、異常をみつけたら速やかに動物病院で診てもらえるように備えましょう。

扁平上皮がんとはどのようながんなのか

猫 うつ伏せ

動物は、たくさんの細胞からできています。その細胞は、一定の規則性を持って分裂し、増殖しています。しかし、なんらかの原因により細胞の増殖に関する制御が不能な状態になると、細胞が増殖し続けてしまうことがあります。このように、異常な増殖が続くことによってできる組織の塊を、腫瘍と言います。増殖場所が限定されていて、周囲の組織との区別が明確な状態の腫瘍は良性腫瘍と呼ばれ、特に問題はありません。しかし、増殖場所が限定されずに、周囲の組織を侵しながら増殖する、または離れた場所に転移して増殖する腫瘍は悪性腫瘍、つまりがんと呼ばれ、制御の難しいやっかいな病気となります。扁平上皮がんは、この悪性腫瘍が、口腔粘膜、扁桃、舌、皮膚などの、体内への入り口の部分や体表を覆っている「扁平上皮」という皮膚の最上部にある細胞に発症する病気で、猫に多い腫瘍の一つと言われています。

扁平上皮がんの症状

猫 寝る

初期の場合は、皮膚が荒れる、小さなしこりができる等の症状がみられます。しかし、当の猫自体に自覚症状はないようで、痛がったりかゆがったりする様子はほとんどみられません。症状が進むと、脱毛、炎症、ただれ、厚いかさぶたや潰瘍ができ、やがて出血したり膿が出たりし、悪臭がします。そして、耳介などは脱落したり、口腔内の場合はよだれを流したり、飲食に支障が出たり、口を閉じられなくなる場合もあります。鼻の場合はくしゃみ、鼻汁、鼻からの出血、デキモノなどができ、まぶたの場合は擦り傷のように見えていたものがいつまでたっても治らず、徐々に大きくなっていきます。また、肺に発症した場合は、乾いたような咳や呼吸困難、元気喪失、体重減少、ゼーゼーする、咳をしながら血を吐く(喀血)といった症状が現れます。

扁平上皮がんの治療

猫 横になる

早期に発見できた場合は、早いタイミングで患部とその周辺の組織を大きく切除することが、メインの治療法となります。猫の扁平上皮がんは、比較的転移が少ないがんであると言われており、早期に発見して外科手術を行うことで、完治を望むこともできる病気です。しかし、転移や再発のために、複数回の手術を要する場合もあり、決して予後良好な病気であるとは言えません。また、発症部位が顎や舌の付け根のように、切除することで食事ができなくなるような場合や、他の器官への浸潤や転移がみられる場合や、猫の体力に問題がある場合は、手術を回避し、抗がん剤の投与や放射線治療といった内科的治療を行う場合もあります。しかし、最も効果的な治療は外科手術であり、抗がん剤や放射線治療ではあまり高い効果を期待できないとも言われています。猫の体力やがんの進行具合、治療による猫への負担を考慮し、がんの根治を目指すのではなく、緩和ケアにより症状の軽減による猫の身体的・精神的なケアを中心に行う選択をされる飼い主さんもいます。

発症部位や扁平上皮がんの進行具合、発症した猫の体力やその他の持病等により、選択できる治療法も異なり、飼い主さんができるケアも変わってきます。しかし、抗がん剤であれ痛みを緩和させるための鎮痛剤であれ、薬を投与する場合は、毎日なるべく決められた時間間隔で投与してあげることが大切です。また、薬には必ず副作用が伴いますので、日々の様子をしっかりと観察し、少しでも異常を感じた場合は速やかにかかりつけの獣医師に相談し、診てもらうことが大切です。また、発症部位によっては、食事のサポートが必要になる場合もあるでしょう。動物病院では、サポートの仕方も含め、きちんと説明し、必要な場合は練習もさせてくれますので、遠慮せずに獣医師や看護士に相談し、愛猫にできるケアを積極的に行ってあげましょう。

扁平上皮がんの予防について

猫

扁平上皮がんの詳細な原因は、明らかになっていません。しかし、紫外線、大気汚染、免疫力の低下、飼い主さんの喫煙による受動喫煙などが原因だと考えられています。特に、長い期間日光を浴びることで細胞が損傷し、がん化すると言われており、白い毛の部分や被毛の薄い部分に日光皮膚炎が起き、そこから発症する傾向があると考えられています。また、口腔粘膜にできる場合は、受動喫煙や大気中の汚染物質によると考えられています。さらに、高齢の猫や猫免疫不全ウィルス感染症(猫エイズ)などの、免疫力が低下した猫が発症しやすいようです。

そのため、室内飼育による不自然で長期的な日光浴の抑制や、受動喫煙環境の改善、脱出防止も含めて猫を外出させないことによる猫免疫不全ウィルス感染症の予防などが、扁平上皮がんの予防になるでしょう。しかし、高齢化による免疫力の低下での発症等、絶対的な予防策がないため、日常的なケアによる早期発見・早期治療を心がける必要があると言えるでしょう。そのためにも、日々の口腔内ケアによる観察や、被毛・皮膚ケアによるしこりやかさぶた、出血等のチェック、鼻筋や耳介のチェック等を継続的に実施しましょう。

最期までしっかりとケアする強い気持ちを!

猫 顔

扁平上皮がんは、あまり予後の良くない病気です。まずは予防を心がけ、愛猫が扁平上皮がんを発症するリスクを下げる努力をしてあげましょう。そして、日々の生活の中で早期発見できるよう、毎日の愛猫のケアや健康管理をしっかりと行い、異常をみつけた場合は速やかに動物病院で診てもらいましょう。万が一、愛猫が扁平上皮がんを発症してしまった場合は、信頼できる動物病院としっかり連携し、愛猫に必要な治療やケアを行い、愛猫が最期まで、少しでもより良い状態で過ごせるようにしてあげましょう。猫の扁平上皮がんの余命は2〜3ヶ月である場合が多いと言われていますが、余命数ヶ月と宣告された後も、動物病院の治療と飼い主さんのケアにより1年以上頑張ってくれたというケースもあるようです。

飼い主さんのケアにより、より良い状態で、少しでも長く頑張ってもらえる可能性も低いとは言えないのです。そうは言っても、飼い主さんが無理をしてしまって体調を崩したり気力が萎えたりしてしまっては、愛猫をケアすることができません。愛猫のために何をしてあげられ、自分では何をしてあげられないのかを見極め、自分でできない部分は他者に協力してもらう等の工夫が必要です。飼い主さんの強い気持ちと知恵により、1日でも長く、より良い状態で過ごせる方法を見つけてあげましょう。

関連記事一覧