猫 見つめている

猫エイズの感染経路と予防法、5つの症状ついて

もしも愛猫が猫エイズに感染していると診断されたら、きっと愕然としてしまうでしょう。しかし、正しい知識を持つことで、キャリア猫でも長く健康な状態で過ごさせることができます。感染経路と予防法、症状やケアのポイントについてまとめました。

猫エイズとはどんな病気なのか

猫 じっと見ている

猫エイズの正式な名称は「猫免疫不全ウィルス感染症」と言って、猫免疫不全ウィルス(FIV)の感染が原因の感染症です。人のエイズウィルス(HIV)と良く似たウィルスで、かつよく似た症状を引き起こしますが、猫免疫不全ウィルス(FIV)は猫特有のウィルスであるため、猫以外には感染しません。ワクチンもあるのですが、猫免疫不全ウィルス(FIV)には複数のサブタイプがあり、さらに自然界の中で常に変異しているため、あまり効果を期待できません。猫エイズのキャリアになったからといってすぐに発症するわけではありませんが、根治療法がなく対症療法が主となるため、一度発症してしまうと数カ月以内で死に至る病気です。

猫エイズの感染経路

猫 怒る

猫免疫不全ウィルス(FIV)は、猫の唾液の中に含まれています。しかし、その感染力はあまり強い方ではありません。そのため、交尾や接触だけで感染することは非常にまれです。ほとんどの場合は、喧嘩による咬傷や交尾の際に雄が雌の首に噛み付いた時にできる咬傷からの感染だといわれています。妊娠中の子宮内感染や多頭飼いのグルーミングによる感染リスクも軽視すべきではありませんが、やはり圧倒的に多いのは、屋外での喧嘩による咬傷だと言われています。

猫エイズの予防法

猫 座っている

感染経路から考えてもお分かり頂けると思いますが、最も有効な予防法は猫を屋外に出さないことです。雄猫の場合は、去勢手術をすることで、万が一外に脱走してしまっても、他の雄猫との喧嘩には至らない可能性を高くできるでしょう。そして、屋外から猫を迎え入れる場合には、動物病院で必ずFIVの抗体検査を行うことも大切です。外から迎え入れるために抗体検査を行った猫が生後6ヶ月未満の子猫だった場合、抗体検査の結果が陽性だったとしても、生後6ヶ月以降に再度検査をすることをおすすめします。生後6ヶ月未満の子猫の場合、実際にはFIVに感染していなくても、母猫からの移行抗体の影響で陽性という結果が出ることがあるためです。また、多頭飼いの場合は、万が一のことを考えて、キャリアの猫と他の猫は接触しないよう、隔離した状態で過ごさせることが望ましいでしょう。

猫エイズの症状

猫 外を歩く

猫免疫不全ウィルス(FIV)が感染したからといって、すぐに猫エイズ(後天性免疫不全症候群)が発症するわけではありません。しかし、感染してしまうとこのウィルスが猫の体内から消えることはなく、抗体検査の結果は終生「陽性」となります。感染後の症状は段階的に進行していきますが、無症状の時期が数年にわたって続くことが多く、発症せずに無症候キャリアのままで生涯を終える場合もあります。では、猫エイズの症状を、段階別に説明していきます。

急性期:ウィルスに感染

感染初期の段階で、発熱、下痢、リンパ節の腫れなどの軽い症状がみられます。急性期は1ヶ月から数ヶ月続くことがあります。

無症候キャリア期:潜伏期間

急性期の症状が治まると、無症状の時期が数年にわたって続きます。この時期は、数ヶ月から数年続くと言われており、中には猫エイズの最終段階である後天性免疫不全症候群を発症することなく、生涯を終える猫も少なくありません。

持続性リンパ節腫大期(PGL期):発症

無症候キャリア期を過ぎると、急性期のように全身のリンパ節が再度腫れてきます。この期間は2〜4ヶ月と短いため、飼い主さんが発症に気づかないというケースも多いようです。

エイズ関連症候群期(ARC期):免疫力低下

リンパ節や免疫機構の破壊が進み、さまざまな慢性の病気がみられます。具体的には口内炎、鼻炎、皮膚炎、腸炎などですが、特に多いのは口内炎です。日々のケアの中で口の中の様子をよく観察し、口内炎がみられた場合はすぐに動物病院で診察を受けましょう。この時期に適切な治療を受けることで、1年以上の生存が可能になるケースもあります。

後天性免疫不全症候群期(エイズ期):免疫機能の停止

次第に痩せ方が激しくなってきて、貧血が進みます。そして、免疫不全の現れである悪性腫瘍や日和見(ひよりみ)感染がみられるようになります。日和見感染とは、健康で免疫が正常な状態の時には感染しないような弱い病原体に感染してしまうことで、クリプトコックス症を始め、さまざまな細菌感染がみられます。通常は、後天性免疫不全症候群を発症すると数ヶ月以内に死亡してしまうことが多いです。

猫エイズのキャリアと暮らす場合の注意点

猫 あくびをしている

万が一、愛猫がFIVのキャリアだと診断された場合でも、それぞれの段階別に適切な治療やケアを行うことで、愛猫の生活のレベルを比較的高いところで維持することができます。特に、無症候キャリア期を長く維持することが大切です。無症候キャリア期の発症リスクを下げるために最も大切なことは、ストレスフリーな生活をさせてあげることです。衛生的な環境、特にトイレを清潔に維持することや、新鮮な水、栄養のバランスがとれた食餌を与えることを心がけましょう。そして、極力騒音を防いだり、見知らぬ人の出入りを減らしたり、愛猫が安心して隠れられる場所を作ったり等の工夫をし、愛情を注いであげましょう。もちろん、猫にとっては、狩をしたいという欲求を満たしてあげることも大切なストレス管理です。釣竿タイプのおもちゃ等で、しっかりと擬似的な狩遊びをしてあげて、欲求不満に陥らないようにしてあげましょう。

猫エイズを正しく知ることで、キャリアにも幸せな暮らしを!

猫 見つめている

猫エイズに感染していると診断され、すぐに苦しんで死んでしまうのではと動揺される飼い主さんも多いようです。しかし、猫エイズは症状の各段階、特に無症候キャリア期のケアをきちんと行うことで、キャリアの猫でも健康な状態で長く生存することが可能な病気です。猫エイズについて正しく知り、適切なケアを施すことで、少しでもキャリアとなってしまった愛猫が、健康な状態で長生きできるよう、動物病院と連携しながらサポートしていきましょう。

 

関連記事一覧