猫 驚く

猫の糖尿病。原因、症状、治療法について。

猫の病気の中で怖いものの一つに糖尿病があります。糖尿病はある程度未然に防ぐことができる場合も多く、早めの段階で飼い主が猫の糖尿病に気がつき処置を行えば、寿命をまっとうできることもあります。猫の糖尿病は、肝不全や腎不全などの合併症を引き起こす可能性もありますので、手遅れにならないうちに猫にいつもと違う症状が見られたら早めに獣医師に診てもらいましょう。猫の糖尿病と闘うためには、飼い主が糖尿病についてしっかりとした知識を持つ必要があります。ここでは、猫の糖尿病や、原因、症状などについて詳しくご説明致します。

猫の糖尿病とは

猫 驚く

猫の糖尿病とは、人間と同じように膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンに異常が起こります。猫が食事で摂取した糖分は、分解されてブドウ糖となります。ブドウ糖となった後に体の中で消化吸収され「血糖」として血液中に入ります。インスリンが正常に作用すると、通常は体内に取り込まれて猫のエネルギー源となりますが、糖尿病になってしまうと、このインスリンが上手く脾臓から分泌されなくなります。十分なインスリンが脾臓から分泌されないと、猫の体は必要な糖分を体の細胞内に取り込めなくなります。体の糖分の欠落によりエネルギーとなるべき糖分が不足してしまい、同時に残った糖分は血液中に残った状態となるので血糖値が高くなってしまい、尿内の糖分の量も多くなります。これを尿糖と呼び、初期症状として多くの場合多飲多尿が見受けられます。

猫の糖尿病の原因

猫 寝ている

生活習慣によるもの

1、過食
過食の猫については、糖尿病のリスクが平均体重の猫の約4倍とも言われています。過食による肥満は糖尿病の大きな原因となりますので、猫の種類や性別の平均体重を確認して肥満か否かの簡単な指数として確認することはとても大切です。

2、運動不足
過食に運動不足が加わると、肥満になるリスクが非常に高まるため必然的に糖尿病のリスクも高まります。
3、遺伝や体質によるもの
糖尿病になる可能性は、生まれ持った遺伝や体質によっても異なります。

猫の糖尿病の症状

猫 座っている

猫の糖尿病の症状には、食欲の低下、嘔吐、痩せてきたり、元気が消失します。他にも、毛艶が悪くなるなど、猫によって症状は様々ですが、主な症状に以下のような特徴があります。

1、多飲多尿
多飲多尿については、糖尿病の初期症状として表れやすく、飼い主が気づきやすいと言えます。猫の体内の細胞に糖分が上手く吸収されずに血液中に糖分が溜まり、尿の中に糖分が入り尿の量も必然的に多くなります。尿の量が増えることにより水を飲んでも飲んでも排出されてしまうので、猫は脱水症状となり水を過剰に飲むようになります。この時、尿の量が増えると同時に尿の色が薄くなることが多々あります。匂いも弱まりますので、猫の尿については日頃から状態をよく確認しておくと良いでしょう。

2、過剰な食欲
猫が食事から糖分を得ても、インスリンが上手く作用していない状況のため、細胞に糖分が取り込まれず体はエネルギー不足となります。インスリンが足りない状態だと、いくら食事をとっても、ブドウ糖が脂肪やグリコーゲンとならないため、エネルギーを上手に利用できなくなります。猫はこのエネルギー不足により空腹感を感じて過剰にフードを食べるようになりますが、体内に吸収されないため体重が減ってしまうことが多々あります。

3、歩き方の変化
猫が糖尿病になると、かかとを地面につけて歩くような変わった歩き方をすることがあります。

4、痩せてくる
猫が急激に痩せてきたら糖尿病を疑いましょう。痩せてしまう状態だと、糖尿病が進行した状態の場合がほとんどです。通常、インスリンの作用により糖分が体の細胞に行きわたり、猫のエネルギーとなりますが、これが出来なくなるため、糖分のエネルギーを補足すために猫は体内の脂肪を使います。脂肪を利用することにより、どんどん脂肪が減ってしまい体重が減少することがあります。

5、腹部が膨らむ
糖尿病になると腹部が膨らむ症状がでる場合があります。正確には肝臓の腫れと言えます。

6、白内障になる
白内障は、糖尿病の場合は合併症として発症します。高血糖が続くと白内障になるリスクが高まるため、糖尿病の猫には多く白内障の症状が見受けられます。

猫の糖尿病検査

猫 ゲージの中にいる

糖尿病の検査は、血液検査と尿検査によるものが一般的です。血液中の血糖と尿中の尿糖の比を見て糖尿病か否かの判断を行います。血液検査については、74~150mg/dlを平均的な基準とします。尿については、一般的には血糖値が約300mg/dl以上である場合は尿糖であると判断されます。

猫の糖尿病の治療方法

猫 病気 

1、インスリン注射
主な治療法としてインスリン注射が一般的に行われます。血糖値を安定させるために決まった時間にインスリン注射をうちます。インスリン注射は基本的に自宅で飼い主が猫の皮下に注射をうちます。注射は基本的に同じ部位ではなく、毎回異なった部位に注射すると効果が継続しやすいと言われています。インスリン注射については、事前に獣医師によく注意点や注射の方法を確認しましょう。誤って打ちすぎると低血糖症で命の危険にさらされる場合もあるので注意が必要です。

2、食事療法
インスリン注射と併用して療法食を行うことがほとんどです。食事療法については、獣医師のアドバイスに沿って猫にストレスをかけないように行う必要があります。基本的に療法食は、食後に血糖値が急激に上昇することを抑えるための工夫がされていたり、食物繊維が多く含まれているため、糖の吸収を緩やかにする工夫もされています。また、肥満防止のため満腹感が得られるフードであったり、高タンパク、低炭水化物のものが一般的です。フードの内容のみならず「早食い」も糖尿病の要因となるため早食い防止の食事皿などを使うと良いでしょう。早食い防止の食事皿は、ペットショップやネットでも数多く販売されています。

3、運動療法
猫に適切な運動スペースを与えたり、おもちゃを使って運動させます。おもちゃについては、現在では電動のおもちゃも数多く商品化されていますので、猫が好きなおもちゃを提供して楽しく肥満対策をすることも大切です。

猫の糖尿病について説明させていただきましたが、どんな病気でも「早期発見」が非常に大切となります。糖尿病についても命を落とす可能性がある病気の一種ですので、日頃猫がだす小さなサインを見逃さないようにしましょう。

関連記事一覧