猫 寝てる

猫が甘えてくるときの7つの仕草。甘える理由と対処法

野良猫と違い、独立する必要のない飼猫は、大人になっても飼い主さんに甘えてきます。そんな時、猫と暮らし始めたばかりの方は、どう対処して良いのかわからないこともあるのではないでしょうか。猫が甘える時の仕草や気持ち、そしてその時の対処法についてまとめました。

猫が甘えてきたらどうすれば良いの?

猫

犬と違い、リーダーの存在を必要とせず誰とでも対等に付き合うのが猫の流儀です。それ故に、猫のツンデレは人を惑わせる最大の魅力ともいえるでしょう。ただ、猫と暮らし始めたばかりの方は、せっかく愛猫が甘えてきてくれたのに、どうして良いのか分からないということもあるのではないでしょうか。今回は、猫が甘えてきてくれた時に猫はどういう気持ちでいるのか、どう対処すれば良いのかについて、考えてみたいと思います。

猫が甘えてくるときの7つの仕草

猫 転がる

猫は、全身を使ってコミュニケーションをとります。耳、ひげ、目、尻尾、鳴き声、姿勢などを見て、その時々の猫の気持ちを読み取ってあげましょう。ここでは、猫が甘えてくるときの代表的な仕草を挙げ、その時の猫の気持ちを推し量ってみたいと思います。

1.ゴロゴロ喉鳴らし

もっともわかりやすいのが、ゴロゴロと喉を鳴らしている仕草でしょう。これは、子猫が母猫から授乳されている時によく目にします。大人になってからも、飼い主さんに撫でられている時や、膝の上に丸まって眠っている時などに、よくゴロゴロと喉を鳴らします。驚くほど大きな音の猫もいれば、お腹に耳をつけないと聞こえないほど微かで小さな音の猫もおり、ゴロゴロ音の大きさには、あまり意味はないようです。このゴロゴロ音は、生まれてすぐに始まります。もっとも頻繁にゴロゴロ鳴らすのは、やはり母猫の母乳を飲んでいる時でしょう。このゴロゴロ音が母乳の出をよくするとも言われています。

このように、猫がゴロゴロと喉を鳴らしている時は、とてもリラックスして気持ちの良い時が多いようです。飼い主さんに撫でられたり膝の上で眠ったりして、とてもリラックスして気持ちが良い証拠だといえるでしょう。ただし、ゴロゴロ音の振動には骨に刺激を与えて新陳代謝を促進させ、体内の治癒力を高める効果があるとも言われており、体調不良の時にもゴロゴロと喉を鳴らす時があるので、ゴロゴロ音だけで安心してしまわずに、愛猫の様子もよく見て判断してあげてください。

2.仰向けに寝てお腹を見せる

お腹は骨に守られていないため、体の中でもとても弱い部分です。そのお腹を見せるということは、猫が本当に安心しきっているという証拠です。猫が仰向けに寝てお腹を見せて寝ている場合は、その安心を裏切らないように、そっと寝かせておいてあげましょう。しかし、仰向けに寝てお腹を見せてはいますが、目をパッチリと開き、あなたの方を見ながらいかにも楽しそうに体をくねらせている場合は、あなたと一緒に遊びたいという猫からのお誘いです。つまり、「一緒に遊ぼうよ!」と甘えているのです。その場合は、愛猫がお気に入りのおもちゃで一緒に遊んであげましょう。

3.体の柔らかい部分をふみふみ

猫が飼い主さんの胸やお腹などの体の柔らかい部分を前足でぎゅっ、ぎゅっと踏みしめるような仕草をしているときは、猫が子猫時代に母猫の母乳を飲んでいた頃を思い出している時です。この「ふみふみ」は、母猫の母乳の出を良くするためにしていた仕草なのです。飼猫は野良猫と違い、独り立ちする必要がありませんので、いつまでも子猫気分が抜けません。そのため、大人になっても子猫気分でいつまでも甘えたがるのです。毛布や布団などの柔らかいものに対してふみふみすることも多いですが、飼い主さんの体でふみふみをしている場合は、飼い主さんを母猫のように思って甘えているので、そのまま続けさせてあげましょう。中にはよだれを流しながらふみふみする猫もいますが、そこは母猫になりきって、我慢してあげましょう!

4.体をすり寄せる

猫の体には匂いを出す腺があり、そこを物にこすりつけて自分の匂いをつけ、縄張りを主張します。また、仲間同士で匂いをつけあってグループ共通の匂いを作り出したりもします。飼い主さんが仕事などを終えて帰宅すると、よく愛猫が飼い主さんの足などに体をすり寄せてくると思いますが、これがまさにグループ共通の匂いを作り出している行為なのです。つまり、飼い主さんに「お帰り!」と挨拶しながら飼い主さんと自分の匂いを混ぜて、グループの匂いを作り、安心しているのです。こういう場合は、忙しいからと邪険にせず、ゆっくりと気のすむまで匂いをこすりつけさせてあげましょう。

5.ゆっくりとした瞬き

猫が相手をじっと見つめている時は、相手を警戒している時で、そのままにしていると喧嘩に発展することもあります。逆に、相手に好意を抱いている時には、とてもゆっくりとした瞬きをします。それは、片目の時もあれば両目の時もあります。が、とにかく愛猫があなたに向かってゆっくりと瞬きをしている時は、あなたに心を許しているサインだと思って大丈夫です。ただし、ただの挨拶だなと思って見過ごしてしまうと、愛猫は失望してしまうかもしれません。猫は話せない分、目で飼い主さんに訴えます。猫のアイコンタクトには「一緒に遊んで欲しい」「お腹が空いたよ」などの要望が隠れていることもありますので、愛猫に瞬きのお返しをしながら、猫の様子をよく観察し、何か要望が隠れていないかを探ってあげましょう。まぁ、ただ眠いだけということもありますが…

6.尻尾をピンと上に立てる

猫が尻尾を下に降ろして左右に振っている時は、イライラしているサインです。また、尻尾を地面に対して水平にしている場合はリラックスしているサインです。もし、尻尾がピンと上に向けて立っていたら、それはとても友好的な気分で「仲良し!」を主張している時です。もしも愛猫が尻尾をピンと上に立てた状態で近づいてきた時は、あなたも猫と仲良くしてあげてくださいね。

7.ニャー、ニャーと鳴いて呼びかけてくる

発情期や喧嘩の時以外は、通常猫同士のコミュニケーションではあまり声を使いません。飼猫が鳴くのは、人間が声を使ったコミュニケーションをとるので、それに合わせてくれているからなのだそうです。つまり、猫が鳴くということは、飼い主さんに対して何か訴えたいことがある時なのです。もっとも一般的な「ニャー」という鳴き声は、主におねだりの時に使われます。甘えるということは、ある意味おねだりをしているということなので、愛猫が飼い主さんに向かって「ニャー、ニャー」と呼びかけている時は、何かおねだりしているのだなと思ってあげてください。我が家の愛猫はもうおばあちゃんなので、遊ぶ体力がありません。そのため最近の「ニャー」は、もっぱら「布団に入れておくれ」「ウンチが出たのでトイレを掃除しておくれ」「お腹が空いたよ」の3パターンのようです。

甘えやすくて一緒に暮らしやすい品種

猫 並ぶ

猫の性格は、最終的には個体毎の個性になります。しかし、品種毎の特徴として甘えん坊であると言われている品種がありますので、ご紹介します。これから一緒に猫と暮らそうと考えている方には、参考になると思います。

<アメリカンショートヘア>
一時期漫画にもなり人気となりました。賢くておおらか、適応性が高くて人懐っこい品種です。飼い主によく甘え、多頭飼いにも適しています。
<スコティッシュフォールド>
耳が前に折れているのが特徴で、人見知りせず愛情深い性格です。ただし、飼い主以外の誰にでも甘えるので、猫の愛情を独占したい人には向いていないかも。
<アビシニアン>
ちょっとやんちゃでいたずら好きですが、飼い主の後をずっとついて回るくらい甘え上手で、人とも深く交流します。

朝・昼・夜の甘える理由と対処法

猫 寝てる

朝、それも早朝は猫の狩の時間です。そのため、猫はとっても早起きなのです。まだ薄暗い頃から目を覚まし、猫は飼い主さんが起きて遊んでくれたりご飯をくれたりするのを待っています。そのため、朝、猫が飼い主さんの顔を舐めたり爪で鼻の穴の縁を引っ掛けたりと、猫は一所懸命に飼い主さんを起こそうと努力します。ただし、人間側も朝は出勤や通学のために忙しいものですよね。過剰にサービスをする必要はありませんが、必要なケアをするだけの時間はしっかり確保できるように起きてあげましょう!早朝と夕方の狩の時間以外は、休憩時間です。そのため、昼は猫にとっての睡眠時間帯なのです。

それにも関わらず、もしも愛猫が飼い主さんの近くに寄り添うように寝ているとしたら、それは猫にとって飼い主さんが母親のように甘えられる対象であるという証でしょう。猫の気持ちを考え、あまり構わないでゆっくり静かに寝かせてあげましょう。夕方の狩の時間を経て、夜になるとまた猫は少し活動的になってきます。飼い主さんも、仕事や学校から帰宅してきます。そこで愛猫は、きっと体をすり寄せたり遊んで欲しいサインを送ったりすることでしょう。飼い主さんも、できる限り愛猫のために時間をとって一緒に遊んであげてくださいね。

異常に甘える場合:分離不安症

猫 寝てる

猫は、お腹が空いたりトイレを掃除して欲しかったり遊んで欲しい時に甘えてきますが、不安な時にも甘えてきます。特に要求がない時にも頻繁に甘えてくる場合は、病気の場合もあるので注意しましょう。本来、猫は体調が悪くてもそれを隠そうとしますので、「やたらと甘えてくる=病気だ」ということではありません。ただし、「分離不安症」という精神的な病気の場合は、飼い主さんがそばにいないと不安でしょうがないという状態になりますので、常に飼い主さんを求めてきます。もしも、甘え方が異常だなと感じたら、それを理由に動物病院で診てもらってください。メンタル系の病気は人間だけということはありません。猫にだってメンタル面のケアは必要なのです。

対等な距離感で程よく甘えさせてあげよう

猫 

猫も飼い主さんも、お互いに依存しすぎるとよくありません。猫だけではなく、飼い主さん自身も分離不安症になってしまう可能性もあります。愛猫が可愛いのはよくわかりますが、猫に溺れ過ぎず、人生のパートナーとして対等な距離感を保ち、お互いに程よく甘えながら健全で幸せな毎日を過ごしてください。そして、そのためにも愛猫からの甘えのサインを見逃さないようにしてあげましょう。

 

関連記事一覧