猫

年齢や性別、種類別にみる猫の体重のまとめ ~適正体重を把握して健康管理を行おう~

猫の健康管理を行う上で大切なことが、猫の「体重の管理」です。体重を管理することは、肥満予防、肥満による病気リスク減少、健康な体づくりにとってとても大切なことです。猫の全体的な平均体重は一般的には、3.6kg~4.5kgと言われていますが、その猫の年齢と種類や性別により大きく異なります。平均体重については一般的に成猫(1歳以上の猫)の体重統計を目安に考えると良いでしょう。大抵の猫については1歳になった時の体重=固定体重となります。また成猫になるまでの「子猫」と言われる期間の猫(生後~1年未満)の時期は体重が大きく変動します。ここでは、子猫の期間の体重変動と種類、性別による平均体重についてご紹介致します。

子猫の期間の平均体重

子猫

1、誕生:約100g~120g
2、生後1週間:約200g~250g
3、生後2週間:約250g~300g
4、生後3週間:約300g~400g
5、生後1ヶ月:約400g~500g
6、生後2ヶ月:約950g~1000g
7、生後3ヶ月:約1kg~1.5kg
8、生後6ヶ月:約2.5kg~3kg
9、生後9ヶ月:約3kg~3.5kg
10.生後12ヶ月:約3kg~5kg

成猫(生後1歳以上の猫)の種類と性別による平均体重

猫

成猫の体重は、その猫の生まれつきの骨格や筋肉量によっても異なり個体差がありますが、体重管理をする上で「種類と性別による平均体重」と「愛猫の現在の体重」を比較してみることは、健康管理をする上での1つの大きな目安となります。ここでは、猫の種類と性別による平均体重についてご説明致します。

ロシアンブルー

ロシアンブルー

美しい細身の体のラインで有名なロシアンブルーは、老猫になるまでは運動量も活発な猫が多く体格をキープできますが、老猫になると一気に運動量が減るため肥満になりがちです。
オスの場合:4kg~5.5kg
メスの場合:2.5kg~4kg
ラグドール

ラグドール

タグドールは大きさについては猫の種類の中で一番ではないのに対して、体重が世界一であると言われています。他の種類の猫とは成長期が大きく異なり、成猫の体格になるまでに約3年~4年かかると言われています。成長期が長い分、この期間は栄養価の高い食事を与える必要があります。
オスの場合:5kg~8kg
メスの場合:4kg~5kg
ベンガル

ベンガル

ベンガルは骨格が良く筋肉質なため、成長時期にしっかりと高タンパクで高カロリーなフードを与えて体格を維持する必要があります。
オスの場合:5kg~8kg
メスの場合:3kg~5kg
ソマリ

ソマリ

ソマリは、生後9ヶ月程度で成長が止まると言われています。とても筋肉質で細身の体格のため、体格を維持するために少量でも充分な高タンパクなフードで体重管理をすると良いでしょう。
オスの場合:3kg~5kg
メスの場合:2.5kg~4kg
チンチラ

チンチラ

中型猫から大型猫に分類されるチンチラは、オスとメスでそこまで大きくは体重が変わりません。
オスの場合:3kg~5.5kg
メスの場合:3kg~5kg
キムリック

キムリック

カナダが原産地のキムリックは、長毛種のわりには体重が少なく、猫全体の平均的な体重よりも軽いことがほとんどです。
オスの場合:4~6kg
メスの場合:3~5kg
エキゾチックショートヘアー

 エキゾチックショートヘアー

エキゾチックショートヘアーは、そのずんぐりした容姿と比較すると、それほど体重は多くないと言われています。
オスの場合:4.7kg~7kg
メスの場合:3.1kg~6kg
バーミーズ

 バーミーズ

バーミーズの平均体重は猫全体の平均体重とそれほど違いませんが、もともと運動量が多くて筋肉質な猫が多いため、基本的には高カロリーで高タンパク質の食事管理が必要だと言えます。
オスの場合:3kg~5.5kg
メスの場合:3kg~5kg
ペルシャ

ペルシャ

その毛の美しさで有名のペルシャは、被毛が長いことで体重も重いと思われがちですが、平均体重と比べて実はそこまで体重がありません。体重管理に合わせて食事ではヘアボールケアを心がけると良いでしょう。
オスの場合:3.5kg~6kg
メスの場合:3kg~5kg
アメリカンショートヘア

アメリカンショートヘア

不動の人気をおさめるアメリカンショートヘアは、猫の中でも食欲の旺盛さで有名です。その分運動量も多いのですが、日々の小まめな体重管理は非常に大切であると言えます。
オスの場合:4kg~7kg
メスの場合:3kg~6kg
スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールドの体重と言えば、生後2ヶ月~6ヶ月未満の場合メスの方が体重が多くなる、オス・メスの体重比が他の種類の猫と異なることが有名です。6ヶ月を過ぎて普通の体重比になりますが、運動不足による体重増加がみられる傾向にあるため注意が必要です。
オスの場合:3.5kg~5kg
メスの場合:2.5kg~4kg
ブリティッシュショートヘア

 ブリティッシュショートヘア

ブリティッシュショートヘアは、生まれつき筋肉質な猫が多いと言われています。成猫に関しては基本的には高カロリーで高タンパク質の食事管理が必要ですが、運動量が減った老猫の肥満には十分気をつける必要があります。
5kg~8kg
4kg~5kg
アメリカンカール

 アメリカンカール

アメリカンカールは猫の中でも食欲が旺盛なので比較的太りやすい猫に分類されます。日々の小まめな体重管理は非常に大切であると言えます。
オスの場合:2.5kg~4.5kg
メスの場合:2.5kg~3.5kg
メインクーン

メインクーン

大型種のメインクーンは、他の種類の猫とは成長期が大きく異なり、成猫の体格になるまでに約3年~5年かかると言われています。成長期が長い分、この期間は栄養価の高い食事を与える必要があります。
オスの場合:6kg~8kg
メスの場合:4kg~6kg

まとめ

猫

猫の体重を管理する上で、「肥満」を回避することは猫の健康を考える上でとても大切となってきます。基本的に猫の肥満とは、平均体重の15%~20%以上太っている状態を指します。猫の肥満は、糖尿病、皮膚病、便秘や下痢、膀胱や尿道の疾患、口腔内疾患、心臓病、関節炎など非常に多くの病気のリスクを高めます。愛猫の平均体重を把握した上で定期的に体重を測って健康維持を心がけると良いでしょう。

関連記事一覧