猫とバッチフラワーレメディ

猫だって癒されたい!猫の状態や性格別で選べる「バッチフラワーレメディ」活用法

最近になって、ペットの「ホリスティックケア」という言葉をよく耳にするようになりました。「ホリスティックケア」とは、「心」、「肉体」、「気」を総合的に考えてバランスを整え、もともと動物にある自然治癒力を高めるための療法です。私はこの言葉を聞くたびに「ようやくペットの精神面のケアを考える時代が来た」と、しみじみと嬉しい気持ちになります。ペットも生きる中で様々なストレスを感じています。

肉体的なストレスや環境からくるストレス、また人や他のペットとの関係からくるストレスと様々であり、個体差もありますが、猫自身が生まれながらにもっている性格や、育つ成長過程によってできあがった性格によってもそのストレスの感じ方は全く異なります。多少のことでは精神的に動じない猫もいるが、少しのことで精神的に強く影響を受けてしまう猫もいます。猫を飼う上で、猫に癒しを与えることを含め、精神的なケアをすることは、肉体面のケアと同じくらい重要なのではないでしょうか。

「ホリスティックケア」とは

猫

具体的にペットの「ホリスティックケア」とはなんでしょうか。一番身近でよく耳にするのは、マッサージや鍼灸ですが、その他にもカイロブティックやアロマセラピーなど「ペットの心を癒す道具」はたくさんあります。第一にペットを癒すのには「自律神経のバランスを整える」ことが大切です。自律神経は、ストレスと密に関係しており、ストレスを感じた時に起きる体の変化が「自律神経の乱れ」となります。この自律神経のバランスを整えるために最近注目を浴びはじめたのが、猫の「バッチフラワーレメディ」です。ここでは、この「バッチフラワーレメディ」の使用方法や、個々の猫に合うものを探すための「バッチフラワーレメディ」の選び方についてご紹介致します。

「バッチフラワーレメディ」について

バッチフラワーレメディ

「バッチフラワーレメディ」は、もともとは人間用にイギリスの医師が造りだした「植物のエネルギー」でつくられる「癒しのシステム」です。仔猫や老猫、妊娠中や他の病気にかかっている猫でも安心して使えるのがポイントです。また、後に「選び方」を紹介致しますが、例え選び間違えても何の問題もないのでご安心ください。

使用方法
① 1種類~7種類を目安に、愛猫に合う「バッチフラワーレメディ」を選ぶ。(選び方は、下記のあなたの愛猫を癒す「バッチフラワーレメディ」の選び方を参考にしてください。)
② ①で選んだものを混ぜ合わせる。
③ 1回2滴を目安に1日4回以上、猫の口に入れます。(猫の口に入れる際は、直接入れる、飲み物やご飯などに混ぜる方法がありますが、嫌がる猫の場合は逆効果となります。無理に飲ませずに、口の周りや手などの猫が舐めそうな部分にたらして間接的に口に入れる工夫が必要です。)
④ 症状が改善するまで続ける
※メーカーや商品ごとに異なる場合があるので、必ず購入時に使用方法と使用にあたっての注意事項を読みましょう。

あなたの愛猫を癒す「バッチフラワーレメディ」の選び方

猫とバッチフラワーレメディ

1、「ミムラス」
神経が過敏な猫に最適で、苦手なものや人が多い猫など『臆病な猫』に勇気を与える手助けをしてくれます。
2、「チェリープラム」
ストレスで自分の毛を毟ったり暴れたりする時など『心のコントロールができない状態の猫』の自制心を取り戻す手助けをしてくれます。
3、「アグリモニー」
他の猫や飼い主に猫をかぶっているような『気遣い猫』が自然体で過ごすための手助けをしてくれます。
4、「アスペン」
 これと言った要因がないような状況でも『不安そうな猫』や『落ち着きがない猫』の不安解消の手助けをしてくれます。
5、「ビーチ」
人や他の動物を決して受け入れない『わがまま猫』『神経質な猫』が過敏な状態から解放されておおらかになる手助けをしてくれます。
6、「セントーリー」
人や他の動物に合わせて生活するような『気遣い猫』が自発的に行動するための手助けをしてくれます。
7、「セラトー」
いつも飼い主の指示を待つような『消極的な猫』が自発的に行動するための手助けをしてくれます。
8、「チコリー」
分離不安傾向にある極度の『甘えん坊猫』が執着心から解放される手助けをしてくれます。
9、「ヘザー」
飼い主関係なく誰でもいいから甘えたい『独りぼっち大嫌い猫』の自立の手助けをしてくれます。
10、「クレマチス」
いつも上の空のような『ぼんやり猫』が活力を取り戻す手助けをしてくれます。
11、「クラブアップル」
過剰に身だしなみを気にする『潔癖症気味の猫』の神経質な心を解き放つ手助けをしてくれます。
12、「ゲンチアナ」
何かしらの理由で『落ち込んでいる猫』の気持ちを浮上させる手助けをしてくれます。
13、「ゴース」
自分の殻に閉じこもっているような『しょんぼり猫』の希望を取り戻す手助けをしてくれます。
14、「エルム」
 子育ての最中の母猫など『忙しい猫』の力の源をつくってくれる手助けをしてくれます。
15、「チェストナットバット」
 しつけをする時など『考える猫』の能力を発揮させるための手助けをしてくれます。
16、「インパチェンス」
いつも慌ただしくしているような『せっかち猫』の心を落ち着かせる手助けをしてくれます。
17、「ホリー」
飼い主へのやきもちや周りに対しての嫌悪感によって『攻撃性が出た猫』の心を癒してくれる手助けをしてくれます。
18、「ハニーサックル」
飼い主が変わったり環境が変わったりしたときの『過去を引きずった猫』が新たな生活を楽しむ手助けをしてくれます。
19、「ホーンビーム」
体は健康なのに精神的な理由で『気力がなくだるそうな猫』の気力を取り戻す手助けをしてくれます。
20、「マスタード」
体は健康なのに精神的な理由で『憂鬱そうな猫』の明るさを取り戻す手助けをしてくれます。
21、「ラーチ」
自信がなくて何も出来ないような『びくびくした猫』に自信をつけてくれる手助けをしてくれます。
22、「オリーブ」
病気などにより『疲れた猫』のストレス緩和の手助けをしてくれます。
23、「パイン」
 何にしても自分を責めてしまうような『元気喪失猫』が心の荷物を下ろす手助けをしてくれます。
24、「レッドチェストナット」
家族のことなどで『極度の不安を背負った猫』が安心できる精神状態を取り戻す手助けをしてくれます。
25、「オーク」
休むことを知らずに活動してしまうような『頑張り屋の猫』をリラックスさせる手助けをしてくれます。
26、「レスキューレメディ」
緊張している状態が続いたり、パニック状態に陥った時、事故により『ショックを受けた状態の猫』の心のバランスを整えてくれる手助けをしてくれます。緊急時のための携帯に便利なスプレー版も販売されています。
27、「スターオブベツレヘム」
事故や予想外の出来事のショックから立ち直れない『過去に囚われる猫』が過去から心を解放できるよう手助けをしてくれます。
28、「スウィートチェストナット」
事故や家族との別れなどで『極度の悲しみや苦しさに襲われた猫』の前向きな心を取り戻す手助けをしてくれます。
29、「レスキュークリーム」
けがや湿疹などの『皮膚のトラブルがあった猫』に皮膚の緊張を和らげる手助けをしてくれます。
30、「ロックローズ」
恐怖や驚きによって『パニックを起こした猫』の心を落ち着かせる手助けをしてくれます。
31、「ロックウォーター」
決まりや習慣にがんじがらめになっている『決まり第一の猫』の心を楽にして柔軟にする手助けをしてくれます。
32、「スクレランサス」
とにかく気まぐれな『気分屋猫』の起伏の激しさの感情を穏やかにする手助けをしてくれます。
33、「バーベイン」
じっとしているのが苦手で興奮しやすい『お転婆猫』の心を落ち着かせる手助けをしてくれます。
34、「バイン」
すべて自分中心でなくては気が済まない『ボス猫』の威嚇行為を鎮める手助けをしてくれます。
35、「ウォルナット」
環境の変化に対応できずに『悩んでいる猫』が新しい環境を受け入れる手助けをしてくれます。
36、「ウォーターバイオレット」
人や他の動物との接触を極端に避けるような『単独猫』が仲間をつくる手助けをしてくれます。
37、「ホワイトチェストナット」
不安によってそわそわしたり、1つの場所にいられずに部屋の中を放浪するような『落ち着きがない猫』の心を落ち着かせる手助けをしてくれます。
38、「ワイルドローズ」
何をされても受け身で抵抗しないような『無関心猫』の前向きな心を取り戻す手助けをしてくれます。
39、「ウィロウ」
すねることが多い『いじけ猫』の心を解放する手助けをしてくれます。
40、「レスキューナイト」
極度の感情の高ぶりや緊張が続いて『眠れない猫』がゆっくりと休める精神状態を取り戻す手助けをしてくれます。

まとめ

猫

何より安心してどんな猫にも使えることが、「バッチフラワーレメディ」の良い点であると思いますが、体の病気を治すものではないので注意が必要です。病気などの異常が体に見られたときは、自己判断ではなく必ず動物病院に行くことが大切です。ペットに癒しを与えることは、ペットの生活の質をぐんと向上させます。愛猫の体の健康維持にも、精神面のケアはとても大切になってきます。「バッチフラワーレメディー」のように手軽にできるものも数多くあるので、時間がない飼い主の方にもおすすめです。愛猫のために簡単な「ホリスティックケアー」を始めてみるのはいかがですか。

関連記事一覧