猫が餌を食べる

猫餌の注意すべき5つ成分!猫の餌を選ぶときに注意すべきことは?

可愛い飼い猫の餌を選びに、いざ!売り場へ。しかし、大型店などに行ってみるとその種類の多さに驚いた経験はありませんか?どれも似たようなものに見えるうえに、同じメーカーからも多くの種類が売られています。金額も様々で、いったいどれを選んだら良いのか…。素材や無添加にこだわった良質なフードが好ましいですが、やはり素材にこだわったものは高価です。これから長く付き合う猫ちゃんのフード。お財布とも相談しつつ、その中でなるべく良質なものを選びたいところ。今回は、そんなキャットフードの選び方のポイントや、猫への与え方など猫の餌に関する疑問についてご紹介致します。

猫の餌を選ぶときに注意すべきことは?

猫餌食べる

猫のフードを選ぶうえで“できれば避けたいもの”は何なのでしょうか。人間の食べ物では「食の安全」を守るために様々、厳しいルールが設けられています。それでも、食品添加物をはじめとする健康に好ましくないものが含まれた食品は多数あり、私たちも気づかないうちに接種してしまっている可能性は大いにあります。そんな中、はたしてペット用のフードは安全なのでしょうか?「猫用」として売られているフードなのだから、当然、猫の健康を考えたものになっているのだろうと思いがちです。しかし、残念ながらとても猫の身体に適した食べ物とは言い難い、低品質なものも数多く存在しているのです。キャットフードを食べて愛猫が健康を害してしまうなど、できれば避けたいところ。では、フードを選ぶ際には、どのような項目に注意したらよいのでしょうか?注意すべきポイントを5つ、挙げてみました。

主原料が「穀物」

猫は本来、完全肉食動物です。しかし、市販のキャットフードの成分表を見てみると、意外なことに「穀類」が成分表のトップになっている事が非常に多いのです。肉類よりも、穀物の方が製造コストを抑えられるため、猫にとっては必要性の低い栄養素でありながらも、穀類でかさを増している場合があるのです。しかし、人間とは違い、本来、炭水化物をあまり必要としない猫は穀類をうまく消化することができません。特に小麦や大豆、とうもろこしはアレルギーになりやすいため、注意が必要です。アレルギーの症状としては下痢や嘔吐、発疹、発熱などを起こす場合が多いようです。そのような症状が起きてしまったらその餌を与えるのは中断し、なるべく早く受診しましょう。

「家禽ミール」などのナゾ肉

原材料の欄を見て、主原料が“肉類”と表記されていると安心してしまいがちですが、ちょっと待ってください。「副産物」「家禽ミール」「●●パウダー/ex:ささみパウダーなど」これらは気を付けたほうが良いです。肉類や魚介でも、「チキン」や「まぐろ」などのように何を使っているのか表記されていればひとまず安心です。しかし、「副産物」や「家禽ミール」はいったい何の肉なのでしょうか?そもそも肉なの?と不安になってしまいます。実際、肉だけでなく骨、爪や皮、くちばし、毛、内臓、血などまで含まれていたりすることも。このように、きちんと明瞭に表記されていないものは注意したほうが良いでしょう。

動物性油脂

良質なフードには「鶏脂」のようにきちんと表記されています。前述の肉同様、いったい何の動物性油脂なのか明瞭性に欠けるものは注意が必要です。そもそも、健康な家畜のものとは限らず、病気などで人間の食品にならなかった家畜の者である可能性もあります。

酸化防止剤

すべての酸化防止剤が悪いというわけではありません。天然由来のものと、合成のものがあり、後者は発がん性などの危険性があるものも。

・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
・BHT(ブチルヒドロキシトルエン)
・エトキシキン
 ・没食子酸プロピル

以上のものは、発がん性や、肝臓への悪影響が懸念されるものです。長い期間与え続ける事で、健康を害する可能性があるので避けたほうが良いでしょう。

香料や着色料

良質な材料を使用していない場合は、猫の食いつきをよくするために香料が使用されています。すなわち、「香料を使用しなければ、猫が食べないような低品質です」と言っているようなものです。また、着色料は色とりどりのフードで美味しそうに見せるためのもの。誰にとって美味しく見せていると思いますか?猫は人間のように、色彩感覚に優れていません。つまり、その色とりどりのフードは猫ではなく、購入者であるあなたに対して美味しそうに見せているだけなのです。猫にとってはまったくの虚飾であり、むしろ発がん性すら懸念される不必要極まりないものなのです。

ウェットフードorドライフード

猫が餌を食べる

「カリカリ」とも呼ばれるドライフードだけでなく、缶詰やパウチのウェットフードもあります。どちらがいいのか、もしくはどう使い分けたら良いのでしょう。
まず、ドライフードは総合栄養食の事がほとんどなので、規定量と水を与えれば猫の一日に必要な栄養を摂取することが出来ます。しかし、硬いので子猫や老猫ですと、細かく砕く、水でふやかしてから与えるなどの工夫も必要になることがあります。また、ドライフードは開封後の賞味期限も長く扱いやすいのもメリットです。ウェットフードは、肉や魚のにおいが強いので喜んで食べる猫が多いでしょう。

また、水分量も多いため、水をあまり飲んでくれない子の水分補給としても重宝します。しかし、ドライフードと比べると価格が高いため続けるのが大変な事も。また、ドライフードと比べると低カロリーなことが多いため、健康な若い猫では栄養不足になることも。ドライフードとの併用などもしつつ与えましょう。

餌の与え方

猫と餌

猫がねだってきたら、好きなだけあげてしまうというのは論外です。また、飼い主の都合であげたり、あげなかったりもいけません。ある程度のルールを作って、規則正しくあげましょう。成猫の場合は一日2回、消化器官の未熟な子猫は3回ほどにわけて。多少の前後はやむをえませんが、朝晩決まった時間にあげるリズムを作ってあげましょう。与える量も、目分量でなくきちんと決まった量をあげましょう。フードの袋に適正量が書かれていますので、参考にしつつ猫が痩せすぎていないか、太りすぎていないかを確認して±5%ほど調節をかけてあげるのもいいでしょう。猫を触ってみて、肋骨がわからないほどお肉があれば太りすぎ。逆に、肋骨も背骨もゴリゴリ浮き出てしまっているのは痩せすぎです。

まとめ

猫の餌

きちんと飼い主側が気を付けてあげても、猫によって好き嫌いがある場合ももちろんあります。また、しばらく同じ餌だと飽きてしまう子もいるので毎日観察をしながら、時には別の餌やウェットフードなども併用してみるものいいでしょう。可愛い飼い猫にはなるべく、健康に長生きしてほしいもの。背伸びしすぎず、しかし猫の健康を害さないフード選びをしたいものです。

関連記事一覧